BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > 説明会 ‐ 【12月・リアル説明会限定】大前研一学長講義「日本人の海外シフトの現状と課題」を、特別部分公開!

説明会 ‐ 【12月・リアル説明会限定】大前研一学長講義「日本人の海外シフトの現状と課題」を、特別部分公開!

2012年12月13日発行

BBT大学では大学説明会を下記の日程で実施しています。

この度、「12月」の「リアル説明会」限定で、
大前研一学長の講義を特別部分公開いたします!

先日行われた講演「日本人の海外シフトの現状と課題」からの抜粋です。
海外諸国で起こる人材の大移動。世界が世界を市場とする中で、日本の現状は?
停滞感が漂う日本はどの様な方向に向かうべきなのか?

大前研一学長の解説を聞きつつ、
BBT大学での学びを部分的に体験頂きます。

12月限定の内容です。ぜひご参加ください。

(説明会日程が続く・・)








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
椿進先生インタビュー!(新ホームページ(12末以降、公開予定)より)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BBT大学では、ホームページのフルリニューアルを予定しています。
(12月末予定。・・1月にずれ込む場合はご容赦を!)

新しいホームページはよりスッキリ、見やすく。
教員、学生のインタビューを拡充するなど、
大学の様子をより分かりやすくお伝えする内容になる予定です。

リニューアル後に本メルマガでもお知らせしますので、ぜひご覧ください!


今回は、教員インタビューより、
「新興国ビジネス研究」の椿進先生のインタビューを先行・部分抜粋でお送りします。

-----------------------------------------------
椿 進先生プロフィール:
xxx
xxx
xxx



【インタビュー:新興国の上げ潮マーケットで戦えるビジネスパーソンになろう。】
(部分のみ抜粋しています)

●優れた経営者には、「責任感と気概から来る強いオーラ」と「良く学ぶ」という共通項がある。

---コンサルタント時代で印象に残っている事例、成功体験を教えてください。
椿 90年代に入ってバブル経済が崩壊して、グローバリゼーションや海外戦略をどうするかという事例が印象に残っています。

あとは、いろいろな経営者にであったこと。リクルートの江副さんをはじめNTTの歴代社長、本田宗一郎さんもギリギリ関わっているんです。

当時は、戦略コンサル事態が勃興期だったので、あらゆる業種で、あらゆるチャレンジングがあって面白かった。(以下続く)・・・


---コンサルタントから社長になると、考え方は180度変わるのですか?
椿 全然変わらなくて、別の視点が増えますね。ただ、大きな違いになるのは、経営者は時間を使えることだよね。

短期間で価値を付けるコンサルとは違い、人を雇い育てて、顧客と事業をつくっていくから、数年単位で考えることができます。(以下続く)・・・


---ご自身の経験から、すばらしい経営者に共通する資質はどのようなことだとお考えですか?
椿 ぱっと見てオーラがありますね。

オーラの正体は、責任感や気概といったものでしょうね。「この会社を自分が何とかしなければいけない」という真剣さが、強いオーラになっている。

そして、できる経営者ほど勉強してるね。我々のセミナーにもよく来られるし、真剣に話しを聴いてくれる。勉強しなくなったり、驕ったり、真摯な姿勢がダメになると会社も崩れていくようです。


●第一歩を踏み出したくなる授業を展開します。

---実業を踏まえてどのような授業を展開されているのですか?
椿 新興国で戦えるビジネスパーソンになりましょうということですね。

企業の中にいてもいいし、自分で創業してもいいんだけれど、これから伸びる新興国で戦える人にどうやってなりますか?ということを…、教えると言うのはおこがましいので、気付きになるような授業をしたいですね。

そのために、10数名のリアルサンプルを持ってきて、実際に海外へ飛び出している人達を参考にした授業を展開していきます。

すぐにでも、第一歩を踏み出せようになってほしいと思います。


---入学希望者に向けたメッセージをお願いいたします。
椿 新興国で戦えるビジネスパーソンになる第一歩は、現実を直視することです。

考えてほしいのは、5~10年後に今の仕事を続けている場合と、新興国に渡って新しい経験した場合と、どちらがあなたの価値が高めることになりますか?ということです。

市場が縮小する日本では売上が下がるのは当然です。上げ潮マーケットでビジネスをやる方法を一緒に考えてみませんか?


-----------------------------------------------

いかがでしたでしょうか。
先生の授業「新興国ビジネス研究」、
最終課題はズバリ「新興国でいけそうなビジネスプランを作成する」です。

プロ中のプロ、と言って良い椿先生の授業は学生を引き込み、
「まず、飛び込め!」というメッセージは学生のマインドに響いている様です。


次回は楽天吉岡先生のものから抜粋いたします。
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket