BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > 「世界で結果を残すために、最も重要なこと」6/20公開フォーラムレポート(Vol.4)

「世界で結果を残すために、最も重要なこと」6/20公開フォーラムレポート(Vol.4)

2013年07月19日発行

(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


 
 
こんにちは。あっという間に7月も後半ですね。
日本気象協会によると、今年の夏は長く、厳しい残暑が続くようです。
 
これからの長い夏を少しでも有意義なものにするためには、何か目標を立てて、新しいことにチャレンジしたいもの。
 
本日のメルマガで紹介する内容は、そんな時のヒントにもなるかもしれません。
「今そこから、世界が欲しがるグローバル戦力になろう」イベントレポート第4弾をお届します。
 
────────────────────────

【 BBT大学メルマガ 】 2013年7月19日発行.

────────────────────────
 
【 1 】 「今そこから、世界が欲しがるグローバル戦力になろう」
【イベントレポートVol.4】グローバルで結果を出すために、最も重要なこと
 
【 2 】 2013年秋期生(10月入学)の出願を受付中!
 
【 3 】 BBT大学説明会スケジュール

─────────────────────────

【 1 】 「今そこから、世界が欲しがるグローバル戦力になろう」
【イベントレポートVol.4】グローバルで結果を出すために、最も重要なこと

─────────────────────────

前回まで、田村耕太郎氏・税所篤快氏の講演内容をご紹介してきましたが、
今回は講演の後に行われたパネルセッションの内容をご紹介します。

パネリストは、テーマにふさわしいお二人。

・税所篤快氏: e-Education代表、 『「最高の授業」を世界の果てまで届けよう』著者
・三城雄児氏: BBT大学准教授、 株式会社JIN-G 代表取締役(グローバル組織人事戦略コンサルタント)

です。

予め用意された質問に、パネリストが答える形式で進んだこのセッション。

― 世界で結果を残すために、最も重要な要素とは? 
― またそれは、どのようにして身につけられるのか?

をテーマに、議論が進みました。


▼ なおイベント特設サイトから、ダイジェスト動画やUSTREAMまでお楽しみ頂けます。
http://goo.gl/Clzlg


まずはこの質問、

「世界で結果を残すために、最も重要な要素とは?」

二人のパネリストに答えて頂きました。


------------------------------
1. 「 相棒 」 → 「 ZEN・後姿 」
------------------------------
 
世界で結果を出すためには、現地での「相棒」を得ることが大事だと税所氏。
 
『相棒と書いて、パートナーと読む。』
現地で働く人は、「スタッフ」でなく「パートナー」。

そしてパートナーを得るためには、

・「ZEN」・・自分がやりたいことを、とにかくシンプルに伝えること。
・「自分が率先して先に進み「後ろ姿」を見せること」。自分が本気だということを示すことが大事。


またそもそもプロジェクトを続ける上でくじけないためには、
「ポジティブなフィードバックをもらえる人」とつながることもポイント。
 
税所氏が自身のアイデアを話すとき、当初は「それで食べていけるのか?」など
ネガティブな反応を受けることも多かったとのこと。
 
そんな中で、良かったのはバングラデシュでプロジェクトを進められたこと。
バングラデシュでは日本と違い、「やってみたら?」というポジティブな(ある意味「ゆるい」)
フィードバックをもらえることが多く、そのことが税所氏のメンタル面での追い風になったとのことです。

自らの行動で相棒を得ること、
またポジティブなフィードバックをくれる人の中に自分を置くことが大事。

 
------------------------------
2. 「 熱意 」と「 行動 」
------------------------------
 
三城氏は、世界で結果を出す上で『熱意(想い)と行動("Just Do It")』が大事だといいます。
 
「当然に聞こえるかもしれませんが」と前置きしつつ、
相棒を作るのはやはり「熱意」や「想い」がベースに必要。
 
また三城氏の授業(BBT大学「プロジェクトマネジメント」)でナイキジャパンの元社長・秋元氏いわく、
"Just Do It"の姿勢でナイキジャパンを経営してきた、という話を紹介。
 
「これをやろうと思ったら、それをとにかく実行して、行動する。」
 
結果を出す第一歩は熱意で、そのあとは、行動をすること。
 

------------------------------
3. 「 逃げるか、挑戦するか 」の葛藤状態を作る
------------------------------
 
また関連して、三城氏からは、
自分を「逃げたい」と「挑戦したい」の葛藤状態に陥らせることがポイントという話もありました。
 
「ちょっと挑戦してみる。そうして、小さな成功例を積み重ねる。」
「逃げたい」という想いに打ち勝つ瞬間が、やるかやらないかの違いになり、挑戦した時にこそ、自分のチカラが出るのだといいます。
 
「逃げない状態を自ら作って、これを3回くらい繰り返すと、次第に楽しくなってきて、挑戦することが好きになる」と紹介していました。
 
 
------------------------------
 
いかがでしたでしょうか。
世界で活躍するために・・というと、
「英語がしゃべれること」、
「コミュニケーションができること」、
など、いわゆる「グローバル人材」が身に付けている「スキル」を思い浮かべがち。

一方パネリストの二人からは、そのイメージとはちょっと違う、もっとベーシックなことが並んだことが印象的でした。

こういった内容であれば、実は日本にいても、今日からでも、実践できそうです。
 
 「 相棒 」を得ること、「ZEN」と「後姿」、
 「 熱意 」と「 行動 」、
 「 逃げるか、挑戦するか 」の葛藤状態を作ること・・

世界に出る前に、まず日本でできているか??少し意識してみたいですね。


さて次回は、当メルマガイベントレポート最終回です。
 
パネルセッション(後半編)として、
世界で通用するビジネスパーソンになることを目指し、香港・中国・日本を飛び回る長谷川氏、
アパレル業界でのブランド価値創造を目指す石黒氏の2名のBBT大学現役生を迎えます。
 
グローバル戦力に近づく上でのヒントや、実際に海外で働くことのリアルを垣間見たセッションになりました。
お楽しみに!
 

 
─────────────────────────

【 2 】 2013年秋期生(10月入学)の出願を受付中!

─────────────────────────
 
2013年秋期生(10月入学)の出願を受付中です。
 
第3期の合格者には、学習開始をスムーズにする特典"3つの先取り"プランを用意しています。
「一日も早く授業を受けたい」「正直ついていけるか心配」...といった方、
お忙しい社会人の皆様は特におすすめです。準備万全な状態で学習を始めましょう。
 

◆ 第三期合格者特典 3つの"先取り"プラン

その1:インターネット上のキャンパス「AirCampus」で、特別講義を"先取り"受講

その2:BBT大学の学習サポートを"先取り"活用

その3:教員や先輩学生と"先取り"交流

 
◆ 出願申込(入学検定料納入)期限:
第3期: 8月12日(月)
※第4期: 9月9日(月)
 
◆ オンライン願書、調査書等提出期限:
第3期: 8月19日(月)必着
 
◆ 先取りプラン、出願の詳細はコチラから
http://goo.gl/9xPu6


────────────────────────

【 3 】 BBT大学説明会スケジュール

────────────────────────
7/20(土)10:00~11:30 全国対応オンライン

7/20(土)14:00~16:00 東京・麹町

7/24(水)20:00~21:30 全国対応オンライン

7/25(木)19:30~21:30 東京・麹町

7/27(土)10:00~11:30 全国対応オンライン

7/27(土)11:30~13:00 大阪梅田

7/27(土)14:00~15:30 大阪梅田
 
7/27(土)14:00~16:00 東京・麹町
 
7/30(火)19:00~21:00 東京・渋谷ヒカリエ

7/31(水)20:00~21:30 全国対応オンライン

8/1(木)19:30~21:30 東京・麹町

8/9(金)19:00~20:30 博多

8/10(土)15:00~16:30 名古屋

------------------------------

【ガイダンス詳細/予約はこちらから】
http://goo.gl/dvuil

------------------------------ 

上記日程以外でも、お問い合わせ・個別相談を承っております。
フリーダイヤル0120-970-021 (平日10:00~18:30)

BBT大学に関する疑問・お悩み等、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。


本日のメルマガは以上です。
最後までお読み頂き、どうもありがとうございました。
素敵な週末をお過ごしくださいませ。
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket