BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > ジョブズから考察する"デザイン思考"とイノベーション

ジョブズから考察する"デザイン思考"とイノベーション

2015年04月16日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2015年4月16日発行.


────────────────────────

 
(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ

こんにちは。
新年度が始まって早半月、皆様いかがお過ごしですか?
葉桜となり本格的に春到来のはずが、未だに気候は三寒四温ですね。

四月は寒暖差だけではなく、新しい環境に慣れるまでのストレスで
体調を崩しやすい時期でもあります。
どうぞ健康管理にはくれぐれもご留意下さい。

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。


───────────────────────


【1】ジョブズから考察する“デザイン思考”とイノベーション
  ――今さら聞けないビジネス用語かんたん解説――

【2】IT Future Session vol.7 "ビジネス×デザイン"(市角壮玄先生)
   2015年04月19日(日)13:00~麹町校舎ラウンジにて開催

【3】つながりからみるアントレプレナーシップ(勝屋久先生)
   2015年04月28日 (火) 19:30~麹町校舎ラウンジにて開催

 
───────────────────────


【 1 】ジョブズから考察する“デザイン思考”とイノベーション
    ――今さら聞けないビジネス用語かんたん解説――


───────────────────────


今回から「今さら聞けない“ビジネス用語”かんたん解説」シリーズも
断続的にですが行っていきたいと思います。
今日のビジネス用語は“デザイン思考”です。

昨今のビジネスシーンで言及される事の多い“デザイン思考”、
皆さんはこの“デザイン思考”をどのように理解されていますか?

“デザイン思考”とは、

「デザイナーの感性と手法を用いて、人々のニーズと技術の力を取り持つ」
領域を専門とし、
「実行可能なビジネス戦略にデザイナーの感性と手法を用いて、
顧客価値と市場機会の創出を図る」
もの
(ティム・ブラウン IDEO CEO)

と定義されています。
もっと簡単に言い換えますと

「世の中の問題点や課題を明確にして、解決策を導き出し、検証し、
 試行錯誤を繰り返して改善を重ねながらモノを創造していくことで、
 社会を豊かにする価値を提供するプロセス」

です。

「デザイン」とありますから、商品やパッケージなどの形態、図案
などのレイアウトといった美術的なイメージを思い浮かべるかと
思いますが、「デザイン」の本来の意味に遡った「設計する」
「創造する」「構想する」という意味に即した考え方ですね。

この“デザイン思考”の傑出した特長は、単に
「アイデアを分解した上で顧客のニーズに対応する
 分析プロセス(ex.クリティカルシンキング)」
のとは違い、
「人々が求めるものの深層心理を理解して、新しい技術を開発しながら
 世の中をデザイン(創造)する」
点にあります。

ユーザーの要望を凌駕した製品が生み出されることによって、社会に
イノベーションをもたらし、同時に新しい価値基準も創造される訳です。

この“デザイン思考”が注目されるようになった背景には、人口構造の変化、
グローバル化、エネルギー不足、テクノロジの進展、産業構造の変化、
働き方の多様化など、我々を取り巻く社会的環境の加速的変化による
「予測不可能な社会の到来」が挙げられます。

これまで世界が経験したことのない現実に、どう対峙していくのかという
課題が眼前に突きつけられているのです。

これまでの成功モデル、知識、経験が通用しない不確実性の増大した
現代社会において、これまでの常識を打ち破るようなイノベーションによって
新たな市場創造、顧客創造を図り、人々のライフスタイルを変えるような
サービスや商品の開発が求められるようになった訳です。


さて、この“デザイン思考”のパイオニアとして挙げられるのは、
シリコンバレーにあるデザイン会社「IDEO」創立者であり、
スタンフォード大学d.schoolを開設したデイヴィッド・ケリーです。

そして、そのケリーが
「デザイン思考の授業は彼なしには誕生しなかった」として
名前を挙げるのが、アップル創立者の故スティーブ・ジョブズです。

ジョブズは元々ケリーのクライアントでした。
アップル社の初期型マウスは“デザイン思考”による二人の共作です。

“デザイン思考”によって創り出されたアップル社の製品は数多ありますが
アップルの場合は常に「デザイン」が先にありました。
そしてデザインを技術的にどう達成させるかを考えるという発想形式でした。

デザイン・ターゲットがあり、それに到達するためにエンジニアリング
をしたのです。

「デザインによって世界をデザインした」と言っても良いでしょう。

では、ジョブズの“デザイン思考”による数々のイノベーションから、
私たちは何を学べるでしょうか?


───────────────────────


【 2 】IT Future Session vol.7 "ビジネス×デザイン"(市角壮玄先生)
     2015年04月19日(日)13:00~ 麹町校舎ラウンジにて開催


───────────────────────


ジョブズの“デザイン思考”について深く考察し、そして皆でさらに
知見を集合させられるイベント、それが「IT Future Session vol.7」です。

大好評だった第6回に引き続き、今回もBBT大学のITソリューション学科で
教鞭をとる市角壮玄先生が登場します。


テーマは、“ビジネス×デザイン”。
今や世界一の企業となったアップル。その躍進の秘密は
常に「デザイン」にありました。

起業家やビジネスパーソンがジョブズのようなデザイン的思考力を
身につけるとどんなことが起きるのか。
日本では単なる見た目の装飾とみなされがちな、
「デザイン」の持つ本来の力とは。

第7回も、皆さんのビジネス魂に火をつける濃い内容をお届けします。
お楽しみに。 


お申し込みはこちらから
http://bbt.ac/environment/event/list/seminar4915.html


「Webサイトデザイン」市角壮玄先生
http://bbt.ac/startprogram/subject/01.html


───────────────────────


【 3 】つながりからみるアントレプレナーシップ(勝屋久先生)
     2015年04月28日 (火) 19:30~麹町校舎ラウンジにて開催


───────────────────────


GW直前の4月28日、BBT大学にて「スタートアップ事例研究」を
担当されている勝屋久先生による公開セッションが開催されます。

勝屋久先生はIBM Venture Capital Group パートナー日本代表として、
長く日本のネットベンチャー界で活躍。
IBM退社後は、「プロフェッショナル・コネクター」
人と人とを繋ぐプロフェッショナルとして、さらに活躍の場を広げています。

「心から自分のやりたいことをやっていて、社会との循環を創りだし、
成長しようとしてする気持ちと行動」
これが、勝屋先生が掲げるアントレプレナーシップです。

講演では、

・今の時代、輝いているアントレプレナー達に見られる要素とは?
・一人ひとりに宿る、アントレプレナーシップを呼び覚ますために
 大事なことは?

など、「つながり」を一つのキーワードとして語っていただきます。

また当日は参加者とのQ&Aセッションの場も設けます。
貴重な機会ですので、ぜひご参加ください!


お申し込みはこちらから
http://bbt.ac/environment/event/list/seminar4924.html


「スタートアップ事例研究」勝屋久先生
http://bbt.ac/startprogram/subject/08.html


────────────────────────


本日のBBTUメルマガは以上です。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

 ■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

 TEL:0120-970-021
( 平日:月~金9:30~17:30 )

ホームページ:http://bbt.ac
 Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/1902483/G4SVedfbEV58/M?S=leqdo6mften
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket