BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > 2ヶ月で現状打破。短期集中コース(科目等履修生)出願締切迫る!6/4(木)

2ヶ月で現状打破。短期集中コース(科目等履修生)出願締切迫る!6/4(木)

2015年05月30日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2015年5月30日発行.


────────────────────────


(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


こんにちは。

気が付けば5月ももう終わり。そろそろ梅雨入りですね。
東京では昨日、まとまった雨が降りました。今日は晴れですが、
少しずつ湿度も上がってきています。

雨の日が多くなっていくので気が滅入るかもしれませんが、こういう
時こそ、現状を打破するために何をすれば良いのかを、じっくりと
自分自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。

6月から開講する、BBT大学お勧めの「短期集中コース」の締切が
6/4と迫ってきました。
詳細は下記をご覧ください。

一方で、高い湿度とは無縁なのが、世界のイノベーションのメッカと
言われるシリコンバレーです。
多くの革新を生み出すその理由とは?こちらもぜひご一読ください。

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。


───────────────────────


【1】BBT大学短期集中コース(科目等履修生)
     最終締切は6月4日(木)必着

【2】多くのイノベーションがシリコンバレーで興る理由
    ――今さら聞けないビジネス用語かんたん解説――

【3】新時代をひらく!「シリコンバレー×BBTU」式で体感する
   「新事業創造手法」ワークショップセミナー
   2015年06月06日 (土) 14:00~16:00 麹町校舎ラウンジにて開催


───────────────────────


【 1 】BBT大学短期集中コース(科目等履修生)最終期
       締切は6月4日(木)必着


───────────────────────


本日のメルマガのテーマである「イノベーション」、
それを生みだすために必要な力をつける仲間と出会い、
最先端の事業創造方法を学ぶ。

そのエッセンスを凝縮させた「短期集中コース」ですが、いよいよ
出願締切が6/4(木)と迫ってきました。

ですが、まだ間に合います。

マーケティング・IT・スタートアップなど、ビジネスですぐに役立つ
実践的な力を集中的に養いたい方、また、近い将来にBBT大学の
正科生入学を検討されている方にお勧めです。

自分の現状を打破したい、そのためにも学び直したいと思いながらも、
学費や時間などの理由で二の足を踏んでいる方にとっても、試す価値の
あるプログラムが用意されています。

「教育のイノベーション」を担うBBT大学の短期集中コースを是非
ご利用下さい。


▼詳細はこちらから。
http://goo.gl/7CcgjB


━━━━━━━━━━━━
 ■出願から開講までの流れ
━━━━━━━━━━━━


難しく思われがちな出願方法ですが、手続きは至ってシンプルです。
 出願から開講までの流れは以下です。

・出願→書類選考→合格発表→学費納入→開講
    出願は「オンライン願書の提出」及び「書類郵送」になります。

・出願締切:6月4日(木)

 ★★ 出願書類の準備が間に合わない場合は、個別に大学まで
    お問い合わせください。

   tel : 0120-970-021(平日:月~金 9:30~17:30)
   mail: bbtuinfo@ohmae.ac.jp


詳しくはこちら【募集要項】
http://goo.gl/mJSGzh


────────────────────────


【 2 】多くのイノベーションがシリコンバレーで興る理由
       ――今さら聞けないビジネス用語かんたん解説――


────────────────────────


今さら聞けない“ビジネス用語”かんたん解説」シリーズ、
今回のワードは“シリコンバレー”です。

昨今巷でトレンドとなっているワードの一つとも言える“シリコンバレー”。
安倍首相も先月末の訪米の際にシリコンバレーに赴き、テスラモーターズの
イーロン・マスクCEOと歓談している姿がニュースで流れていましたね。

そんなシリコンバレーですが、実は、この地名の住所は存在しません。

というのも、シリコンバレーはアメリカ合衆国サンフランシスコの南部に位置
する、サンタクララバレーおよびその周辺地域の俗称だからです。

名称の起源は、インテルやナショナル・セミコンダクターなどをはじめとする
多数の半導体メーカーが集まっていたことによります。

半導体の主原料はシリコン(Silicon)であり、
そして地形が渓谷(Valley)状である事から、
この名称で呼ばれるようになったんですね。

この地域から、アップル、Google、Yahoo、アドビシステムズといった
ハイテク企業が多数生まれ、現在、IT企業の一大拠点となっていることは、
皆さんもご存知の通りです。

そんなシリコンバレーですが、今回は、なぜシリコンバレーでばかり
多くのイノベーションが生み出されるのかを考えてみます。


----------------------------------------------
■その1「毎日晴天で空が高いから」
----------------------------------------------


「天気かよ!?」と突っ込まないでください。天候は侮れない要因なのです。

多くのシリコンバレーの起業家は、イノベーションがシリコンバレーで容易く
生み出される理由に「気候の良さ」を挙げます。

ある投資家兼起業家は
「寒いところで1億出すより、天気の良いところで1億出したい。投資して
 握手した後に外へ出て、空が綺麗だったら「いい事したなー」と思えるが、
 外が寒ければ「1億の使い道間違えたかな、やっぱり返してもらおうかな」
 って気持ちになるだろう」
と言っています。

つまり、本能的な部分において心地良いと思うところに、人やカネやモノは
集まるという事ですね。

人間は結局のところ生き物なので「気分(や雰囲気)が良いか良くないか」
に物事を左右されやすいのです。

シリコンバレーには「まぁいいか、空は青いし」という雰囲気があり、その
雰囲気の中で関係性を築いていくので、ビジネスを新規に始める時にうまく
事が運びやすいのだそうです。


------------------------------------------------------------------------
■その2「身近な所に世界を変えている人達がゴロゴロいるから」
------------------------------------------------------------------------


その1の理由と連関しますが、良い天気の中、良い気分で、良い研究ができ、
良い投資が行われる場所なので、当然良い人材が集まります。

それゆえ、隣の人が大発見をするといったことがしょっちゅう起こるので、
「ひょっとしたら自分でも出来るのではないか、むしろ出来ない訳がない」
と自己暗示をかけやすいのです。

そして、シリコンバレーという場所の環境の良さは、実際に自分がやろうと
している事を周りの人達に話してみた時に、例えそれがどんなに突拍子もない
内容であったとしても、決してバカにされず、むしろ
「出来るんじゃない?やってみなよ。こんなアイディアはどうだろう?」
といったポジティブな反応が返ってくるところです。

「できるよ!」と「もうやっている」の文化土壌が、世界のイノベーションを
生み出す最大の原動力になっているのですね。


--------------------------------------------------------
■その3「最先端の知識を間近で得られるから」
--------------------------------------------------------


その2の理由と連関しますが、最先端の科学者や研究者が集まっているので、
真に本物のプロジェクトを目の前で見て、共に研究することができます。

才能ある人間が才能ある師匠・先輩に育てられ、マラソンのペースメーカー
に導かれるようにくっついて学ぶという「インキュベーションマシン」と
しての役割が非常に強いのも、シリコンバレーの大きな利点なのです。


---------------------


ここで大概の企業や政府は、シリコンバレーの「その3」の部分を
探りたがるそうですが、本当に大事なのは「その1・その2」だそうです。

「できる・もうやっている」の文化土壌と、最先端の知識。
イノベーションを生み出す「場」を選び、そこに身を置きたいものですね。

とはいえ、日本の豊かな四季の彩りは、シリコンバレーとはまた違う、
細やかで感性の行き届いたイノベーションを生み出すのではと思います。
日本が世界に誇る多くのモノづくりイノベーションは、この春夏秋冬の妙の
中で興っていたのですから。


今日、皆さんが見上げている空はどんな色をしていますか?


───────────────────────


【 3 】新時代をひらく!「シリコンバレー×BBTU」式で体感する
     「新事業創造手法」ワークショップセミナー
     2015年06月06日 (土) 14:00~16:00 麹町校舎ラウンジにて開催


───────────────────────


現代の富・繁栄の象徴ともいえる、
シリコンバレー流の新事業創発法を体感したい方へ。


新事業を創造する手法は多く開発され、既に世に出ています。
しかし、本を読み、動画を見るだけでは、
実際に出来るようにはなりません。

本ワークショップセミナーでは、新事業開発の手法として確立されている
シリコンバレー発の手法「ビジネスモデルキャンパス」を用いて、
新事業プランを実際に生み出す過程を、BBT大学の教育体験の
エッセンスを通じて体感・理解していただきます。


■ワークショップセミナー終了後、ご希望の方には
「BBT大学ミニ説明会」を実施いたします。(任意参加)


詳細、お申し込みはこちらから
http://goo.gl/2PpiDX


────────────────────────


本日のBBTUメルマガは以上です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

TEL:0120-970-021
( 平日:月~金9:30~17:30 )

ホームページ:http://bbt.ac
Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/2068939/26gz4KfdFRAk/M?S=leqdo2k
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket