BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > あなたの懸念を払拭「なぜ秋入学が良いのか」第二期の出願〆切は7/6 来週月曜まで

あなたの懸念を払拭「なぜ秋入学が良いのか」第二期の出願〆切は7/6 来週月曜まで

2015年07月03日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2015年7月4日発行.


────────────────────────

 
(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


こんにちは。

いよいよ7月に入りました。2015年も後半戦です。
雨の日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか。

夏といえば「枝豆とビールと焼き鳥」ですが、この夏からは
「枝豆とビールとスマホ」がトレンドになるかもしれません。

仕事のあとの一杯のように気持ち良く、てのひらにキャンパスを携え、
勉強に励むのもまた一興ですよね。

机にかじりついて勉強するスタイルから、いつでもどこでも、
暑さにも寒さにも動じず、軽やかに、楽しんで学ぶ。
これが新しい学習法、BBTスタイルです。

スポーツの秋、芸術の秋、勉強の秋、なんて言いますが、
一足先に夏から、全部はじめてしまいましょう。

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。


───────────────────────


【1】あなたの懸念を払拭「なぜ秋入学が良いのか」
   第二期の出願〆切は7/6 来週月曜まで

【2】待望のRTOCSついに書籍化!本日リリース!!
   
【3】期間限定『BBT大学について超主観的にまとめてみた本。』が、
   Amazon POD(プリント・オン・デマンド)ストアで50%オフ!!


────────────────────────


【 1 】あなたの懸念を払拭「秋入学にする理由」
     第二期の出願〆切は7/6 来週月曜まで


───────────────────────


2015年秋期(10月入学)第二期の出願締切が迫ってまいりました。
第二期の出願期間(〆切)は下記です。

・出願申込(出願検定料納入)期限:7/6(月)
・オンライン願書および書類提出期限:7/13(月)必着

■出願スケジュール詳細
http://goo.gl/6VSE46


このメルマガをお読みになっているみなさんは、第二期出願の特典などは、
既にもう理解されていることと思います。

ですのでここでは、秋入学に躊躇されるであろうみなさんの懸念点を
大きく二つ挙げ、それに対してお答えします。


【懸念1】
春入学に比べて入学者が少ない、つまり同級生が少ない。
→共に頑張る仲間が少ないと、勉強を続けられるか不安。

【答え】
同級生だけではない多くの仲間がいます。

春入学のほうが秋入学よりも入学者が多いのは事実です。
ですが、共に頑張る仲間が少ないというのはちょっと違います。

BBT大学はオンライン大学ですので、実際に顔を合わせて肩を並べて授業を
受けるというスタイルではありません。

ですがそれ以上に、エアキャンパス上で多くの学生と議論をし合うことになるので、
その場に集まるたくさんの学生と論戦を通じて仲良くなります。
横軸も縦軸も同時につながりが深まっていきます。

ですから、共に頑張る仲間が少ないということは全くありませんので、
ご安心ください。


【懸念2】
世の中は春入学を起点に物事が進んでいる。
→今じゃなくても半年後で良いのでは。

【答え】
「やりたいときがすべきとき」です。

正直なところ、春入学も秋入学もカリキュラムは一緒です。
ですから、今じゃなくても…と思われるのは尤もだと思います。

ですが、大前学長の著書にもあるように、思い立った時が始める時だと
我々は思います。
ご自身が学びたいという気持ちを強く抱いた時に、一刻も早くから
勉強し始めることで、抱いたモチベーションを維持しやすくなると思います。

また、日本では春入学が一般的かもしれませんが、海外では大学は秋入学が
スタンダードです。ですから、海外志向が強い方はむしろ秋入学の方が
将来の計画を立てやすいかもしれませんよ。


今、二の足を踏んでいる方。
改めてご自身の向学心を奮い立たせてみませんか?


【第二期合格特典】

1.BBTO『"ビジネス特化型"マンツーマンオンライン英会話20回分
  (約3万7000円分:税込)』を、入学前に無料で受講!

2.学長:大前研一の講義「グローバル経済と経営(必修・選択必修科目)」
  を入学前から聴講可能!

3.BBTビデオライブラリー「AirSearch(孫正義氏、稲盛和夫氏など
  一流経営者もゲスト出演する約7000時間の動画コンテンツ)」を
  入学前から利用可能!

■特典詳細はこちら
http://goo.gl/dNo4xE


【各種制度のご案内】

・5年目以降授業料無料
・最短2年で卒業可能(編入学)
・奨学金、特待生制度

皆さんの向学心をサポートする制度を各種用意しております。
募集要項や出願の流れもご確認いただけます。

■ご案内はこちら
http://goo.gl/0UNUus


───────────────────────


【 2 】待望のRTOCSついに書籍化!7/3リリース!!


────────────────────────


みなさんはケーススタディ(Case Study)という言葉をご存知ですか?

ケーススタディとは、ある具体的な事例について調査・分析することで
背後にある原理や法則性などを究明し、一般的な法則・理論に適用させる
教育メソッドです。日本語に訳すと事例研究ですね。

もともとは米国のロー・スクールでケースブックメソッドとして開発された
方法ですが、近年、ビジネス・スクールで盛んに応用されています。

ですが一般的なケーススタディは、既に答えの出ている過去の成功事例を「解」
とし、教訓とするというものでした。

それに対し、学長大前研一が「過去の事例をケーススタディとしても、
考える者にとって真に迫るものにはならない」との考えから独自に構築した
本学唯一の事例研究、それがReal Time Online Case Study (略称RTOCS)なのです。

RTOCSとは、国内外のリーダーが取り組んでいる現在進行形の課題をケースとして
取り上げ、「自分がその組織のリーダーであればどのような決断を下すか」を
経営者の視点で考察し、「意思決定」に至る力を鍛える教育メソッドです。

日々の変動が著しい現代のビジネス環境において、過去に通用していた成功事例は
即時に形骸化していきます。過去の事例から教訓を得ることも大切ですが、
それ以上に、今の状況下で手に入る情報をいかに収集・分析・精査し、結論を導き出し、
意思決定に至るかが、今日の経営者やビジネスリーダーには求められています。

RTOCSは、その力を効果的に鍛えるBBT独自の教育メソッドであり、考える人の数だけ
見解が存在し、その解が未知数に進化していく発展性のあるケーススタディなのです。

本学の主軸科目「グローバル経済と経営」でも毎週RTOCSは行われておりますが、
これまでは映像のみでした。
ですが経営学部設置5周年を記念し、このたび待望の書籍化!
昨日リリースされました。

活字で読むことで、RTOCSのメソッドとしての汎用性の高さをより一層理解して
いただくたく思います。
そして多くの方々にとって、RTOCSが問題解決力を向上させる一助となることを
確信しております。


■RTOCS初刊のケースはこちら
 http://goo.gl/9I2eUa

■RTOCS書籍詳細はこちら
 http://goo.gl/zo2Gln


───────────────────────


【 3 】期間限定『BBT大学について超主観的にまとめてみた本。』が、
     Amazon POD(プリント・オン・デマンド)ストアで50%オフ!!


───────────────────────


今年1月に発売され、「amazon:教育行政・法律のベストセラーランキング」で
1位を獲得した『BBT大学について超主観的にまとめてみた本。』が、このたび
期間限定キャンペーンにて、Amazon POD(プリント・オン・デマンド)ストアで
50%オフになりました!

BBT大学経営学部の1期卒業生三人が、自らの大学生活を一人でも多くの人に
伝えたいという思いから制作されたこの本。
自分たちの大学生活の様子や世界中に散らばる同級生、後輩の様子を自ら取材し、
その内容が等身大の言葉で語られています。

100%オンラインという性質上、一般の方にはなかなか伝わりにくいBBT大学の
学生生活ですが、そんな学生たちが世界中で学ぶ姿をリアルに伝える一冊です。


<書籍目次>

コラム1:私たちの入学動機
第1章 私たち、こんなこと学んでます。
コラム2:私たちの勉強法
第2章 突撃!ユニークな仲間たち。
コラム3:BBT生の苦悩
第3章 私たちの4年間。
コラム4 卒業後はどうするの?


■Amazon PODストアリンク
 http://goo.gl/Ao8sPl

■詳細はこちらから
http://goo.gl/6zBoN0


────────────────────────


 本日のBBTUメルマガは以上です。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

TEL:0120-970-021
( 平日:月~金9:30~17:30 )

ホームページ:http://bbt.ac
Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/1902483/G4SVedfbEV58/M?S=leqdo6mften
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket