BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > 「新規事業の創り方」@リーン・スタートアップ・ハッカソン最終審査会 イベントレポートをご紹介!

「新規事業の創り方」@リーン・スタートアップ・ハッカソン最終審査会 イベントレポートをご紹介!

2015年09月25日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2015年9月25日発行.


────────────────────────


 
(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


こんにちは。

シルバーウィークも終わりましたら、空が本格的に秋模様に
なってきましたね。
皆様はいかがお過ごしですか?

さて、先週のメルマガを読んだ先輩から
「日々締切に追われているからか、随分とお疲れのようだね。
 何だこの喩えのチョイス?と思ったよ(笑)」
と言われました。

なぜ松下幸之助からトイレの躾のなっていない子供の話になるのか、
飛躍しすぎだろう?と思ったそうです。

なので、自動洗浄トイレしか知らない世代の小さい子たちにとって、
トイレとは腰を浮かしたら勝手に流れるものであるという常識に
なっているから、流すという行為そのものが生活様式として存在
しないという意図で書いたと説明したところ

「そこまで書かないと、そういう意味だって分からないよ!」
「というか、常識の世代間ギャップでトイレをネタにするなら、
 洋式便座の上にしゃがみ込む人の話とかじゃないと、一般には
 分かってもらえないでしょう?」
と言われました。

さらに
「便座ネタでジェネレーションギャップを書くなら、洋式と和式、
 もしくはぎりぎりウォシュレットの有無だろう?
 二つ世代を飛び越えている」
と畳み掛けられ、結果、ジェネレーションギャップを感じるネタの
喩えにジェネレーションギャップを感じるという、何とも不毛な
見解の相違が露呈した秋の夜長でありました。

いやぁ、比喩って難しいものですね。
以後、気を付けたいと思います。
皆様は、先週の常識の喩え、一読で分かっていただけていましたか?

なんだかまとまりのない話ですみません。
それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。


────────────────────────


【1】「新規事業の創り方」@リーン・スタートアップ・ハッカソン
   最終審査会 イベントレポートをご紹介!

【2】今秋新設科目紹介第三弾!「現代版ソクラテスの対話」

【3】東京・名古屋・大阪・福岡・オンラインにて説明会実施中


───────────────────────


【 1 】「新規事業の創り方」@リーン・スタートアップ・ハッカソン
      最終審査会 イベントレポートをご紹介!


────────────────────────


お待たせいたしました。

BBT初の試みであった学生主導のビジネス創出イベントである
「リーン・スタートアップ・ハッカソン」の最終審査会でご講演
頂いた片岡和也氏の「新規事業の創り方」セミナーレポートが
上がってまいりました。

「リーン・スタートアップ・ハッカソン」最終審査会レポートは
近日公開予定です。まずはこちらを皆様に紹介させていただきます。

片岡氏は元NTT西日本アライアンスディレクターで、現在は
株式会社iCARE取締役最高実行責任者(COO)を務めています。

そして片岡氏は、この講演後に催された最終審査会においても、
スタートアップに精通した識者の立場として、審査にあたられ
ました。

新規事業を創る手法にのみならず、沢山の困難に挫けそうになった
時に支えるものは何なのかを、このレポートで感じとって頂けたら
幸甚です。

それでは楽しんでお読みください。

キーワードは「WHYからはじめよ」です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「新規事業の創り方」セミナーレポート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


もともとは京都大学で黒毛和種の遺伝の研究をしていたという
片岡氏だが、修士課程修了後にご本人曰く畑違いのNTT西日本に
就職する。

法人営業、フレッツ光商品企画・開発、人事などの部署を経たのち、
企業派遣で慶応義塾大学ビジネススクールにてMBAを取得。その時の
縁で現在所属している株式会社iCAREに関わることになったという。

株式会社iCAREはヘルスケアベンチャーで「働く人の健康を創る」を
ビジョンに掲げ、特に注力しているのはメンタルヘルスの領域である。

心の病になって会社に来られなくなる人が多い現代社会問題に注視し、
身近な所で防ぐ方法を確立すべく日々奮闘しているとのこと。

ヘルスケア分野のビジネス化が難しい理由について片岡氏は
「多くの人は皆『自分は健康だ』と思っているため、健康が大切だと
わかっていてもなかなか行動につながらない」と指摘する。

そこで「予防」につながる健康行動を習慣化させる新たな仕組み
作りに日々試行錯誤しているという。

<レポート続きはこちら>
http://goo.gl/uoor9k


────────────────────────


【 2 】今秋新設科目紹介第三弾!「現代版ソクラテスの対話」
     

────────────────────────


今週ご紹介する秋期新設科目は「現代版ソクラテスの対話」です。

非常にユニークな名前の科目ですが、その名の通り「ソクラテスの対話」
を現代のビジネスに応用すると、このような丁々発止かつ当意即妙な
やり取りになるであろうというロールモデルを全編英語で繰り広げて
いるという、非常に高度な授業です。

対話の設定は、米国の自動車工場に赴任した日本人のリーダーが、
米国人の現場責任者に対し、対話を通じて課題を見つけ目標を設定し、
問題解決に向けて認識を共有していく過程を想定したものです。

日本人リーダーを演じるのは大前学長。米国人の現場責任者役である
ソレイシィ教授の返答に臨機応変に対応し、相手とともに問題解決に
向けた対話を展開していきます。

このコンテンツ自体に資料や台本があるわけではなく、全て即興による
会話で成り立っているというのが注目すべき点です。

この科目では、英語で「何が問題になっているのかを読み解く力」を
身につけていきます。
単なる英語の授業とは一線を画し、

・英語
・教養
・持っている知識を実践する瞬発力
・考える力

をフル稼働することを強いられますので、はじめて見る方にはかなり
難しいかもしれませんが、グローバル社会においてリーダーシップを
発揮することの真の意味がこのロールプレイを見ることで理解できる、
大変実益のある科目です。

英語の概念的解説と経営課題に対する解説は、夫々のエキスパートで
ある門永宗之助先生と狩野みき先生が丁寧にされていますので、
両方が、もしくはどちらかが分からなくても、内容を理解できるように
なっていきます。

日本人は会議室に入ると喋らない(喋れない)
必要なコミュニケーションが英語だとできない

と海外でよく言われていますが、この科目を修めて、上記日本人像を
払拭させましょう!


<科目詳細はこちら>
https://docs.google.com/document/d/1Wj6OWeAdAUzyEo7SR-4p0ArULhK6_cfrk1LWHP4REqY/edit?pli=1

<本学講師詳細はこちら>

宇田左近教授 http://bbt.ac/faculty/global-teacherlist.php
Steve Soresi教授 http://bbt.ac/faculty/global-teacherlist3.php


今後も注目の新設科目をこちらで紹介していきます。
どうぞお楽しみに!


────────────────────────


【 3 】東京・名古屋・大阪・福岡・オンラインにて説明会実施中


────────────────────────


BBT大学では、無料の説明会・個別相談をご案内しております。
目的やご事情に近いものをご選択の上、お気軽にご予約ください。

10/07 (水) 20:00~21:30 オンライン
10/08 (木) 19:30~21:30 東京    
10/10 (土) 14:00~16:00 東京  

<詳細・予約はこちら>
http://bbt.ac/guidance/#guidance_list
 

上記日程以外でも、お問い合わせ・個別相談を承っております。
フリーダイヤル 0120-970-021(平日 09:30~17:30)
 
本メールからそのままご返信いただいても大丈夫です。
BBT大学に関するご質問・ご相談等、どうぞお気軽にご連絡ください!


────────────────────────


 本日のBBTUメルマガは以上です。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

TEL:0120-970-021( 平日:月~金9:30~17:30 )

ホームページ:http://bbt.ac
Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/1902483/G4SVedfbEV58/M?S=leqdo6mften
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket