BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > NOKIAの事例から見るピボットの必然性とその後の躍進

NOKIAの事例から見るピボットの必然性とその後の躍進

2015年10月03日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2015年10月3日発行.


────────────────────────


 
(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


こんにちは、BBT大学企画広報室の河野です。

今まで名前を出すのを躊躇していたのですが、蝉の死骸が怖いだの
便座ネタがどうだのを書く赤裸々さがあるなら苗字くらい晒せよ、
と同僚から諭され、恥ずかしながら名乗り出た次第です。

さて、10月に入りました。綺麗な秋晴れですね。
2015年も残り3ヵ月を切りましたが、2015年度は下半期突入と
いうことで、ここからが勝負ですね!

今日は、BBT大学の秋期入学式と卒業式が執り行われています。
新しく学びの門をくぐる者と、次の世界への門出に新たな一歩を
進める者の、それぞれの「決意表明」の日です。

まさにその日に相応しい天気になりました。

皆様も、下半期から新たな目標に向かって、この晴天に自身の
思いを伝えてみませんか。

今日からの半年が皆様にとって充実したものになりますことを
我々BBTスタッフ一同、心より願っております。

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。


────────────────────────


【1】NOKIAの事例から見るピボットの必然性とその後の躍進
   ――今さら聞けないビジネス用語かんたん解説――

【2】今秋新設科目紹介第四弾!「Webビジネス・スタートアップ」

【3】地方創生まちづくりEXPO「まちてん」のご案内


───────────────────────


【 1 】NOKIAの事例から見るピボットの必然性とその後の躍進
     ――今さら聞けないビジネス用語かんたん解説――


────────────────────────


「今さら聞けない“ビジネス用語”かんたん解説」シリーズ、
 今回のワードは“ピボット”です。

日本語に訳すと「回転軸」ですね。バスケットボール等で使われますが、
転じて、企業経営における「方向転換」や「路線変更」を表す用語と
してよく使われます。

とりわけスタートアップ企業においては、当初の事業戦略が暗礁に乗り上げ
大きな軌道修正を余儀なくされたり、まったく別のアイデアに取り組んだり
すること、またそうした経営判断そのものを「ピボット」と呼んでいます。

つまり挫折の瞬間を耳触りの良い表現に直したのが「ピボット」なのです。

暗礁に乗り上げていることを耳触りの良い表現で取り繕うというのを、
実は我々は悪しき事例として一つ、歴史で学んでいます。
第二次世界大戦中の日本軍についての国営放送です。

戦況はどんどん過酷になり、どう転んでも敗戦は必至であった昭和20年、
しかしながら日本政府は「転向」「転回」と発表し、国民の不安や疑問を
かわし続けていました。
表現というものは便利で、だからこそ怖いものですね。


ですが、この経営における「ピボット」は決して罪深いものではありません。
むしろピボットは企業の必然とも言えます。

なぜならアントレプレナーが起業を思い立ち最初に描いた構想は、しばしば
市場の求めているものとズレがあるからです。
むしろ、最初からピッタリと市場を捉えたサービスや製品を打ち出せる事の
方が稀なのです。

実際、今世の中で話題になっている企業の多くはピボットせざるを得なかった
と同時に、それによって大きく飛躍しています。
YouTube インスタグラム、PayPal、Twitterといった企業がそうです。


このピボットで最も成功したと言える企業は、やはりNOKIAでしょう。

携帯電話通信設備で世界有数のシェアを誇るフィンランドのNOKIAですが、
1865年に創業した当時は製紙会社でした。
そして1990年代に携帯電話市場に本格参入するまでは、ゴム長靴や家電、
パソコンなど、さまざまなものを製造していました。

ですがピボットを繰り返し、通信機器事業にリソースを集中させたことで
会社は一気に拡大します。

その背景にあるのは、1980年代の携帯電話部門への進出とその失敗による
経営不振、そして当時のCEOの自殺(1988年)と思われます。

このショックを引きずるかのように、NOKIAは1990年代に深刻な
経営危機に陥ります。ですがこの一連の騒動により追い詰められた
ことで、NOKIAはそれまでの多角経営を見直し、大規模な業種の
再編成を行うのです。

携帯電話、携帯電話インフラ、他の電気通信分野に業務を絞り、テレビ
受像機製造やパーソナルコンピュータ部門からは撤退を決めます。

ここがNOKIAの大きな「ピボット」です。

これくらいの老舗企業になると、方向転換は容易ではありません。
これまでの多角経営に携わっていたあらゆるものを見直し、切っていく
というのは、色々と軋轢も生まれますし、経営的コストもかかります。

さらにはここまで費やした努力や投資に対し、惜しむ気持ちが決断を
妨げてしまうものです。

ですが会社に大きな危機が訪れたことで、変わらなければならないと
決断したのだと思われます。

そして徹底的にNOKIAは会社を解析し、組織のニーズ、市場のニーズ、
社会のニーズとの摺合せを図り、会社を筋肉質にしたのです。

そこからの携帯電話通信設備分野におけるNOKIAの躍進は、皆さんも
ご存じの通りです。

ですから、方向転換を失敗と捉える必要はないのです。
むしろ変わろうとしないこと、可能性を探ってみないことの方が
リスクは大きいと言えるでしょう。

NOKIAは大きな危機があったことで一大方向転換をし、世界有数の
企業になりましたが、先に挙げたシリコンバレー系企業は、もう少し
規模が小さい段階でピボットしていますよね。

このメルマガを読まれる方の中には新規事業立ち上げを目指す方も
数多くいらっしゃると思います。

どうか皆さんも、ご自身が考えた製品やサービスをどんどん世に問い、
恐れることなく「ピボット」して下さい。


■参考『リーン・スタートアップ』エリックーリース
http://goo.gl/Ws5AOk

ピボットの必然性やその分類などが詳しく書かれています。


────────────────────────


【 2 】今秋新設科目紹介第四弾!「Webビジネス・スタートアップ」
     

────────────────────────


今週ご紹介する秋期新設科目は「Webビジネス・スタートアップ」です。
旧「Webビジネスと社会」が改訂され、より学びやすくなりました。

この科目は、Webを用いたサービスを立ち上げることに興味を持つ、
社内起業家およびベンチャー起業家、またWebビジネスを理解したい人々を
対象とし、Webビジネス起業に備えたマインドと知識を形成していくことを
目的としています。

その為に、Webビジネスの基本となる考え方を学び、ケーススタディとして
実際にWebビジネスを軌道に乗せている起業家を例に挙げながら、Webビジネス
スタートアップに必要な知識を習得していきます。

最終的には新しいWebビジネスモデルを構築する力が備わります。

また、資金調達についてやWebマーケティングのチームアップと成長と
いった実際に起業するにあたってのステージ別の課題を、実際に起業して
いるゲストを講師に招いて対談していく中で学ぶことができるのも、
この科目の特長です。

Webビジネスは今や避けては通れません。
ITが苦手に思う方こそ、是非、受けてほしい授業です。


<科目詳細はこちら>
http://goo.gl/ybkHOA

<本学講師詳細はこちら>
小林弘人 http://goo.gl/NZydTN


今後も注目の新設科目をこちらで紹介していきます。
どうぞお楽しみに!


────────────────────────


【 3 】地方創生まちづくりEXPO「まちてん」のご案内


────────────────────────


地域創生をビジョンに掲げ、地方のまちづくりを推進する
イノベーターたちが全国から集まり、各地域の取り組みを共有する
地方創生まちづくりエキスポ、それが「まちてん」です。

BBT大学はこの「まちてん」を後援しています。
本学講師の谷中修吾先生が総合プロデューサーを務めるこの
「まちてん」をBBT大学は後援しております。

「まちてん」では、BBT大学が現在展開している地方創生プロジェクトを
紹介するミニセミナーを開催する予定です。

まちづくりに従事しながら、オンライン学習で実践的な経営の武器を
手にすることができる、新しい学びのカタチをご案内します。


日程:11月28日(土)29日(日)
場所:渋谷ヒカリエホールA・B


<詳細はこちら>
http://goo.gl/HzmsYw

<まちてんについて>
http://goo.gl/BJzcC7


────────────────────────


 本日のBBTUメルマガは以上です。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

TEL:0120-970-021( 平日:月~金9:30~17:30 )

ホームページ:http://bbt.ac
Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/1902483/G4SVedfbEV58/M?S=leqdo6mften
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket