BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > 「リーン・スタートアップ・ハッカソン最終審査会」イベントレポートをご紹介!

「リーン・スタートアップ・ハッカソン最終審査会」イベントレポートをご紹介!

2015年10月10日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2015年10月10日発行.


────────────────────────


 
(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


こんにちは、BBT大学企画広報室の河野です。

今週は、大村智氏のノーベル医学生理学賞受賞と梶田隆章氏の
ノーベル物理学賞受賞という、誇らしいニュースに日本中が
沸き立ちましたね!

大村氏の特許権放棄も人間として頭が下がる思いですが、かつて
小柴氏が受賞した「カミオカンデ」の研究はまだ続いていたのですね。

梶田氏の、本来ならここにいるはずの戸塚氏への敬意を込めた
コメントがまた印象的でした。

日本人はこれでノーベル賞受賞者が23人になります。

改めて、戦後間もなくの日本の教育水準の高さを思わしめる(大村氏
は御年80歳です)今年のノーベル賞発表でしたが、いずれの分野であれ
イノベーションで人々が、社会が、豊かになっていくことは素晴らしい
ですね。

昨今の日本の教育方針は迷走続きに思えますが、ポテンシャルは維持
しているはずですので、今後もまだまた面白い研究が出てくることを
期待したいものです!

そして我々も奮起して経営の世界で新たな扉を開いていきたいですね。

今日も良い天気です。
皆様の今日一日がやる気と活力に満ちたものでありますように。

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。


────────────────────────


【1】「リーン・スタートアップ・ハッカソン最終審査会」
    イベントレポートをご紹介!

【2】今秋新設科目紹介第五弾!「プロジェクトT」

【3】東京・名古屋・大阪・福岡・オンラインにて説明会実施中


───────────────────────


【 1 】「リーン・スタートアップ・ハッカソン最終審査会」
      イベントレポートをご紹介!


────────────────────────


大変お待たせいたしました。

BBT初の試みであった学生主導のビジネス創出イベントである
「リーン・スタートアップ・ハッカソン最終審査会」のレポートが
上がってまいりました。

一過性のハッカソンとは違い、ビジネスアイデアをアイデアで
終わらせず、二ヵ月半の長期にわたって具現化するところまで創り
上げるという、面倒見の良さにおいても画期的なイベントでした。

多くの課題と、それ以上に多くの期待を得られました。

ベンチャーの世界で華々しいトラックレコードを持つ審査員達による
厳しくも真摯なコメントは必読です。

それでは楽しんでお読みください。

キーワードは「社会貢献性」です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「リーン・スタートアップ・ハッカソン」最終審査会 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2015年8月30日、ビジネス・ブレークスルー大学麹町校舎と
大阪イノベーションハブで、リーン・スタートアップ・
ハッカソン最終審査会が同時開催された。

このイベントは、ビジネスアイデアの具現化を目的にハッカソン
形式を取り入れたコンテストであり、BBT大学の学生が立案し大学が
サポートする形でオフィシャル化させた初の試みでもある。

このリーン・スタートアップ・ハッカソンは、通常の
アイデアソンやハッカソンとは異なり、一日限りでアイデアに
合否を付けて終わってしまうものではなく、エンジニア、デザイナー、
プランナーがチームを組み、長期的にメンターを付けてビジネス化
する仕組みを創り上げ成功率を高めていくという、ブラッシュ
アップ型コンペティションである。

6月28日のアイデアソンを皮切りに7月5日のハッカソンを経て、
その後約2ヵ月間をビジネスプランの練り上げに費やし、そして
8月30日の最終審査会に臨んだのは以下の6チームである。

<レポート続きはこちら>
http://goo.gl/U1ca5t


────────────────────────


【 2 】今秋新設科目紹介第五弾!「プロジェクトT」
     

────────────────────────


今週ご紹介する秋期新設科目は「プロジェクトT」です。

この科目は、福岡県東峰村の村長(澁谷村長)をクライアントと想定し、
自分が澁谷村長の立場であったら、どのようにして村の人口減少問題を
解決し、定住人口の増加・雇用拡大を実現するかを考えるという、全く
新しい、フィールドワーク型科目です。

なんだか政策秘書の国家試験論述問題のようにも感じますし、
お題の立て方はRTOCSのようでもありますね。

しかしこの科目は、村長および村の関係者が、提示される問題解決策に
対して、積極的に取り上げて試行していくかどうかというところまで
検討を深めてもらえるかどうかがカギとなっており、まさしく行政的
リーン・スタートアップ・ハッカソンと言うこともできます。

非常に実践的な、履修し甲斐のある科目です。

地方創生は日本の喫緊の課題です。
学生たちにはイノベーティブな発想で斬新な問題解決策を生み出して
ほしいですね。

<東峰村との調印式の様子>
http://goo.gl/OgwpBE

<科目詳細はこちら>
http://goo.gl/PYfkdh

<本学講師詳細はこちら>
宇田左近 http://goo.gl/Dc7X7l


今後も注目の新設科目をこちらで紹介していきます。
どうぞお楽しみに!


────────────────────────


【 3 】東京・名古屋・大阪・福岡・オンラインにて説明会実施中


────────────────────────


BBT大学では、無料の説明会・個別相談をご案内しております。
目的やご事情に近いものをご選択の上、お気軽にご予約ください。

10/14 (水) 20:00~21:30 オンライン
10/21 (水) 20:00~21:30 オンライン 
10/22 (木) 19:30~20:30 東京    少人数制    
10/24 (土) 10:30~12:00 名古屋
10/24 (土) 14:00~16:00 東京 
10/24 (土) 16:00~17:30 大阪  
10/25 (日) 11:00~12:30 福岡 

<詳細・予約はこちら>
http://goo.gl/haj5Wv
 

上記日程以外でも、お問い合わせ・個別相談を承っております。
フリーダイヤル 0120-970-021(平日 09:30~17:30)
 
本メールからそのままご返信いただいても大丈夫です。
BBT大学に関するご質問・ご相談等、どうぞお気軽にご連絡ください!


────────────────────────


 本日のBBTUメルマガは以上です。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

TEL:0120-970-021( 平日:月~金9:30~17:30 )

ホームページ:http://bbt.ac
Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/1902483/G4SVedfbEV58/M?S=leqdo6mften
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket