BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BBT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > <残り3日>BBT大学2016年春期(4月入学)追加募集出願締切は3/22(火)まで!

<残り3日>BBT大学2016年春期(4月入学)追加募集出願締切は3/22(火)まで!

2016年03月19日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2016年3月19日発行.


────────────────────────


 
(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


こんにちは、BBT大学企画広報室の河野です。

三寒四温が続きますが、もうすぐ春分。この日を境に一気に春めいて
いくことでしょう。

皆様いかがお過ごしですか?
筆者は今週末は仕事の合間に一日時間を作って実家に帰り、墓参りを
してこようと思っています。

新年度を迎える前に色々と心の整理をするうえで、墓前に立ち、故人
と対峙する時間を持つのは、とても有効な方法だと言われています。

祖父なら、祖母ならなんと答えただろうか、と故人の立場に立って
物事を考えるだけで客観的視点が生まれ、そしてその考えには正否はなく、
ただ幾通りもの考えがあるのだということが見えてきます。

そして最後には自分の本心を見つけ出し、改めてそのことを「できる」
「できない」を超えて捉え直せるのです。

ですので、お墓参りという儀式を思索のツールとするのはかなり
便利です。機会があれば、皆さんも是非やってみてください。

それでは、本日もどうぞよろしくお願いいたします。


────────────────────────


【1】20年後の世界はこうなる!
   大前研一学長と大前創希氏が未来のIT事情を議論
   「2035年、その時デベロッパーはどう生きるか」   

【2】<残り3日>BBT大学2016年春期(4月入学)追加募集
    出願締切は3月22日(火)まで!

【3】勝ち組ビジネスマンになるための88か条
   『大前語録』第三章(最終章)をご紹介!!


────────────────────────


【 1 】20年後の世界はこうなる!
     大前研一学長と大前創希氏が未来のIT事情を議論
     「2035年、その時デベロッパーはどう生きるか」


────────────────────────


大前学長と、ご子息で本学教授でもある大前創希氏が登壇され
会場で議論を交わした「AWS Summit Tokyo 2015」がYahoo!ニュースの
Topページに取り上げられました。

「2035年、その時デベロッパーはどう生きるか」をテーマに、20年後の
世界のIT事情について語り合ったこのサミットでは、今後、人間の仕事
の5割が消滅すると言われているなかで、人々がどのようにキャリアを
積んでいくべきかを論じています。

大前研一氏はここで本学のコンセプトである「教えない大学」の意味を
述べています。以下抜粋します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■デンマークでは「teach」という言葉が禁じられている


大前創希:
いま2015年になりますけれども、ちょうど話に出たように、20世紀型の
人材と21世紀型の人材の違いを、これも先週末、夜中10時半ぐらいから
2時間にかけて2人でディスカッションをして、こんなところが人材の
違いに当たるんじゃないのかなって出してみたのですが、まず20世紀型の
人間、ケーススタディーを重要視するよと。
21世紀型の人間は「RTOCS」をする。RTOCSって何ですか?

大前研一:
リアルタイムオンラインケーススタディ、つまりハーバード型のケース
スタディーはビジネススクルールでやりますけども、ほとんどのケースは
つくるのに半年かかって、それを4~5年使うので、その会社がもう存在
してない。

私もスタンフォード大学のビジネススクールで教えてたけども、生徒3人
集まると、先生1人よりもすごい。だから何かケースをやり始めると、
「先生、この会社もう潰れてるんですけど」とか、
「その会社とこの会社はもう合併してないんですよ」と。

「え、すいません。今日はこのケースに書いてある通りだと思って、
クラスのディスカッションを盛り上げてください」と言う。
生徒のほうは「しらけるなぁ」と。「この先生、遅いぞ」という感じで。

つまり、ゲイツがちょうど光のスピードの経営と言ったんだけども、
リアルタイムじゃないと。いま私がこの会社のトップだったら、どうする
かということじゃないと、ケーススタディーをありがたくハーバードから
もらってきて教えたら、ほとんどの場合はもうだめですよね。

「はい、ポラロイドとコダックの戦いについて」やってたって、ほとんど
両方ともなくなっちゃったじゃん。何やってんの?っていう感じですよね。
だから、私に言わせると、リアルタイムでものが考えられるかどうか。
リアルタイムこそリアルなんですね。だから古い。

いかに名門バーバード、スタンフォードといえども、ケーススタディーは
もう時代遅れ。ということは、先生という言葉、「teacher」がもし出てくる
とすると、「teach」はデンマークで1993年か1994年に禁止された言葉です。

大前創希:
デンマークではもう言えないんですか。「teaching」と言えないんですか。

大前研一:
21世紀というのは、要するに答えのない世界だと。teachということは
答えを前提にして教えること。
したがって「答えのない世界に、何で先生が教えられんのよ」と。

中国ではもっとひどくて、先に生まれるって書いて先生という。
「先に生まれたぐらいで、でかいこと言うな」というのが21世紀の方向。
だから、ここのところにものすごい大きな断絶があって、結局我々の学校も
teachという言葉を禁止して、Teaching Assistantもいなくて、
ファシリテーター、そしてラーニングアドバイザーとして、皆さんが
learnするのをお手伝いしましょうと。

だからカフェテリアだよ。あんたが好きなやつを持っていけよと。つまり、
うちのビジネス大学の広告にも「教えない大学」って書いてあるんです。
いろいろなものは提供するけれども、習うのはあなたですよ。
学校に行くときに、「先生の言うこと、よく聞いてね」なんて言って
送り出す親はだめだよね。

「先生の言うことを全部聞いたら、あんたバカになるよ」ぐらいのことを
言わなきゃいけないですよね。だから、「家に帰ってきたら宿題やりなさい」
なんて、これもあきまへんわな。先生の回し者みたいな。
だから、そういうことを考えると、このteachとlearnはものすごい大きな違い。


<記事全文はこちら>
http://goo.gl/JU1Ij7


────────────────────────


【 2 】<残り3日>BBT大学2016年春期(4月入学)追加募集
     出願締切は3月22日(火)まで!


────────────────────────


2016年春期(4月)入学生【追加募集】を若干名受け付けていますが、
締切まで<残り3日>です。

「あの時、挑戦しておけばよかったという後悔は、
もうしてはいけません。」

本学学長、大前研一のコメントです。

この言葉が響いた方は、あなただけが生み出せる唯一の価値を
見つけるために、自分の心に正直に、勇気を持って決断し、
新たな一歩を踏み出してください。

世界への扉はここから始まります。


━━━━━━━━━━
 ■募集スケジュール
━━━━━━━━━━

第五期出願期間(〆切)は下記です。

・出願申込(出願検定料納入)期限    : 3/22(火)
・オンライン願書 および 書類提出期限 : 3/22(火)必着

<スケジュール詳細>
http://goo.gl/dRFcbt

<追加募集詳細>
http://goo.gl/4Zqja7

<出願に関するQ&Aについて>
http://goo.gl/Sjc9Sr


━━━━━━━━━━
 ■各種制度のご案内
━━━━━━━━━━

・5年目以降授業料無料
・最短2年で卒業可能(編入学)
・奨学金、特待生制度

皆さんの向学心をサポートする制度を各種用意しております。
募集要項や出願の流れもご確認いただけます。

<ご案内はこちら>
http://goo.gl/6Lkl3j


━━━━━━━━━━
 ■説明会のご案内
━━━━━━━━━━

▼東京
03/19 (土) 14:00~16:00   出願直前相談会
03/24 (木) 19:30~21:30
03/27 (日) 10:30~12:00   少人数制
03/29 (火) 14:00~15:30   少人数制
03/31 (木) 19:30~21:30

▼大阪
03/27 (日) 10:30~12:00   

▼名古屋
03/27 (日) 16:30~18:00 

▼オンライン説明会
03/23 (水) 20:00~21:30
03/27 (日) 15:00~16:30
03/28 (月) 13:00~14:00

<詳細・予約はこちら>
http://goo.gl/rDniCm

上記日程以外でも、お問い合わせ・個別相談を承っております。
フリーダイヤル 0120-970-021(平日 09:30~21:00)
※受付時間を今だけ延長して対応しております。

本メールからそのままご返信いただいても大丈夫です。
BBT大学に関するご質問・ご相談等、どうぞお気軽にご連絡ください!


────────────────────────


【 3 】勝ち組ビジネスマンになるための88か条
     『大前語録』第三章(最終章)をご紹介!!
     

────────────────────────


二週間あいてしまいましたが『大前語録』の名言、最終章である
第三章をご紹介します。
最終章テーマは「人生を強く生きるための22か条」です。


67 40歳になってからキャリア・プランを立てるのでは遅いのではないか、
  と心配する人もいるかもしれない。だが、少しも遅くはない。
  大学を卒業して就職したとしたら、40歳は中間折り返し地点に過ぎない。

68 本来、人生にはあらかじめ決められたキャリア・プランなど存在しない。
  それは自分で作るものなのだ。

69 私の結論はただひとつ。
  「そのうちに……」ということは人生では禁句なのだ。

70 人間というのは我慢している間に頭が、“フリーズ”してダメになる。

71 35~50歳前後のサラリーマンが仕事上の閉塞感から陥る無気力状態を、
  「魔の15年」と呼んでいる。

72 人間が替わる方法は3つしかない。1盤目は時間配分を変える、
  2番目は住む場所を変える、3盤目は付き合う人を変える、
  この3つの要素でしか人間は変わらない。

73 社会や企業環境が激変すると、今までとは違う処世術や人生観の類を
  求めがちだが、本当に必要なのはむしろどんな状況でも変わることの
  ない生きる姿勢だ。
  哲学書や自然科学書は、この根本の部分を考えさせる刺激に満ちている。 

74 人生なんて、自分がわからないと思えば、他人だってわからないのだ。
  だったら、早めにわからないと思ったほうが勝ちだ。

75 人生はスキーと同じで、転びそうになったら転んでしまったほうがいい。

76 悩めば解決する問題については、一生懸命に考えてなるべく早く解決する。
  悩んでも解決しないことについては悩まない。この二つを実践すると、
  人生はかなり生きやすくなる。
 
77 サラリーマンでも「路頭に迷ったらどうするの」ということは年中考えて
  おくことをおすすめする。そして、そのためのファーストステップが、
  サラリーマン生活の「棚卸し」である。 

78 私の生き方のもうひとつの特徴は、「もったいない」と思わずオール
  クリアボタンを押してきたことだ。「もったいない」と思った途端に
  人生は負けである。

79 自分の生き方として何を基準にしているかと言うと、死ぬ時に
  「これで良かったのだ」と言うための生き方を工夫しているのだ。

80 日本人は住宅を買う意思決定が早すぎる。「男子一生の仕事」とはよく
  言ったもので、30代前半で家を持ち、大きな借金を背負い込んで、
  一生払い続ける人が多い。だが、そんな国は世界で日本だけである。

81 死ぬ時までに貯蓄を全部食いつぶしてゼロにしよう、と思った途端に
  目の前に広がる世界はゴージャスである。

82 オフなのに計画を立て、その通りに実践するなんて息苦しい、
  オフぐらいはいい加減に過ごしたいという人がいるかもしれないが、
  間違いだと思う。

83 私がアフター5の過ごし方としてぜひとも注目してほしいと思うのは、
  「家庭の定期点検」、すなわち家族が抱えている問題について
  定期的に語り合う時間だ。

84 自分の時と同じように「いい学校からいい会社」というレールを
  敷こうとする。昔の“成功の法則”で子供の将来を期待するのは
  罪作りでもある。

85 親が反対しても子供はやる。むしろそれを前提に親子の対話を 
  活発にしたほうが、親のためにも、子供のためにもなるのではないか、
  と私は思っている。

86 親は子供に「お金」を使うのではなく、「時間」を使うべきである。

87 私に言わせれば、奥さんに見栄を張っているような男は、もともと
  ダメだと思う。そんな家庭はすでに崩壊しているも同然だ。
  自分がどういう人生を生きたいかを奥さんに話せないような夫婦関係
  だったら、私なら別れることを選ぶだろう。

88 今を楽しめない人は一生楽しめない。現時点で好きなことがやれて
  いない人は、第二の人生でもやっぱりできないのである。


いかがでしたか?
ビジネスマンとして奮起するのも、最強のリーダーになるのも、すべては
「人生を強く生きる」ためですよね。

この第三章には、第一章・第二章にある格言の中で伏線となっている所が
綺麗に収束されていると思います。

我々がいつの間にやら前提にしてしまっている「自己の縛り」を取り払った
途端に、大きな地平が目の前に現れるような、そんな格言の数々でした。

改めて、自分の人生を生きなければと思った次第です。
皆様は、どの言葉が胸に響きましたか?


参考:『大前語録』
http://goo.gl/7f59l1


────────────────────────


 本日のBBTUメルマガは以上です。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

TEL:0120-970-021( 平日:月~金9:30~21:00 )

ホームページ:http://bbt.ac
Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/1902483/G4SVedfbEV58/M?S=leqdo6mften
				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket