BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

BT⼤学 メールマガジンアーカイブ

Mail magazine Archive

BBT大学トップ > メールマガジンアーカイブ > 新たな道へと歩み始めた卒業生へ「贈る言葉」大前研一学長@卒業式

新たな道へと歩み始めた卒業生へ「贈る言葉」大前研一学長@卒業式

2016年03月29日発行

────────────────────────


【 BBT大学メルマガ 】 2016年3月29日発行.


────────────────────────



 
(B)ビジネスで、(B)バリバリ、(TU)突っ走りたい人のBBTUメルマガ


こんにちは、BBT大学企画広報室の河野です。

桜が咲いていますね。
BBT校舎がある麹町は近所に千鳥ヶ淵と靖国神社があるので、
この時期には咲き乱れる桜の競演を堪能できます。
また桜の木の下では、各所で饗宴が催されています。

ライトアップされた夜桜は本当に綺麗ですし、その光景を
肴に飲み食いするのは更に楽しいですよね。

先週土曜日はBBT大学大学院の合同卒業式でした。
2014年3月、経営学部より卒業生をはじめて輩出しましたが、
本学は春・秋の2期制なので、今回で5代目の卒業生です。

卒業式に相応しい門出を飾る晴天の中、式典は厳かに行われ
ました。大前学長曰く
「おそらく日本で一番難しい、卒業までの課程」を乗り越えた
卒業生たちの中には、目頭を熱くしている者も少なく
ありませんでした。

打って変わって懇親会では、先生と学生とが皆弾けて楽しんで、
そして労い合っていました。

卒業生たちの新たな始まりを応援したいものですね!!

それでは、本日もどうぞよろしくお願いいたします。


────────────────────────


【1】「教養×ビジネスを強みに海外(インド)での起業を考える!」
    BBT大学×インド大使館 特別セミナー
    イベントレポート アフターブ・セット客員教授

【2】春から<本物の力>を身につける!BBT大学
   2016年春期(4月入学)最終出願締切は4月7日(木)

【3】新たな道へと歩み始めた卒業生へ「贈る言葉」
   大前研一学長@卒業式

────────────────────────


【 1 】「教養×ビジネスを強みに海外(インド)での起業を考える!」
      BBT大学×インド大使館 特別セミナー
      イベントレポート アフターブ・セット客員教授


────────────────────────


大変お待たせいたしました。
大変有意義な場と話題になった、BBT大学×インド大使館のイベントの
レポートがようやく上がってまいりました。

「教養×ビジネスを強みに海外(インド)での起業を考える!」特別
セミナーのレポートを一部抜粋し、皆様に紹介させていただきます。

このレポートから、新興国インドの実情と日本との関係性、そして
海外でビジネスをする上でハードルとなる「日本における前提」に
ついて、皆さんにも考察していただければと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「教養×ビジネスを強みに海外(インド)での起業を考える!」
 BBT大学×インド大使館 特別セミナー イベントレポート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年12月5日、ビジネス・ブレークスルー大学麹町校舎で、特別セミナー
「教養×ビジネスを強みに海外(インド)での起業を考える!」が開催
された。

このセミナーはインド大使館の協力のもと、本学客員教授である
アフターブ・セット氏の『旭日大綬章』叙勲記念として講演された
ものである。

このセミナーでは、半世紀以上に亘る日本・インド間の協力関係及び
友好親善の促進に貢献されたセット氏による、日印関係の歴史と現状に
ついての考察の他、インド大使館のカプール氏、株式会社富士通総研
シニアコンサルタントでBBT大学非常勤講師でもある杉本有司氏、
株式会社チェンジ代表取締役COOの福留大士氏といった、インドビジネス
の有識者にご講演いただいた。

なお、セット教授はご家族の急病との理由で急遽帰国され、この日は
VTRによる講演となった。


アフターブ・セット教授
 
 インドと日本との関係を良好にするべく長年努められた功績により
『旭日大綬章』の叙勲に至ったセット教授は、今後の日印関係について
以下のことを提起した。

・日本の核エネルギー技術の輸入
 法改正により日本が防衛装備を輸出できるようになったことと、
 翻ってインドは電力等のインフラが整っていないことを挙げ、
 インドの人々の生活水準を上げるためにも技術の輸入が必要であると
 述べた。

・インド北東部の交通網インフラ開発への出資
 日本がデリーやチェンナイ等の都市に地下鉄をつくりインフラの構築に
 大きく寄与したことを評価された上で、アジア地域との直接の交易の
 足掛かりのためのインフラ整備として、インド北東部の道路や鉄道の開発
 への出資を求めた。

・両国間の貿易の増加
 アジア地域の安定や繁栄のためにも両国の協力関係が不可欠であると提言した。


<続きはこちらから>
http://goo.gl/xkgmYg


────────────────────────


【 2 】春から<本物の力>を身につける!BBT大学
     2016年春期(4月入学)最終出願締切は4月7日(木)


────────────────────────


2016年春期【追加募集】ですが、先日の号外でもお伝えした通り、
4月入学を検討されている方からの要望にお応えし、最終出願期を
設けることになりました。

この春からはじめようと思っていた方は、機会を先延ばしにする
ことなく、今から自分に挑戦してください。

世界への扉はここから始まります。

★これがラスト★ 最終出願締切は【4月7日(木)】です。

<入試スケジュール>
http://goo.gl/BsKgtz

<追加募集詳細>
http://goo.gl/xVFype

<出願に関するQ&Aについて>
http://goo.gl/2SfSYd


書類の揃え方や出願方法等、事務局がしっかりサポート致しますので、
ご不明な点などございましたら、BBT大学まで直接ご連絡ください。

・メール:bbtuinfo@ohmae.ac.jp
・お電話:0120-970-021 (平日 9:30-21:00)

━━━━━━━━━━
 ■各種制度のご案内
━━━━━━━━━━

・5年目以降授業料無料
・最短2年で卒業可能(編入学)
・奨学金、特待生制度

皆さんの向学心をサポートする制度を各種用意しております。
募集要項や出願の流れもご確認いただけます。

<ご案内はこちら>
http://goo.gl/2PvA3I


━━━━━━━━━━
 ■説明会のご案内
━━━━━━━━━━

▼東京
03/31 (木) 19:30~21:30
04/03 (日) 14:00~15:30   少人数制
04/05 (火) 13:00~14:30   少人数制

▼オンライン説明会
04/01 (金) 13:00~14:00
04/03 (日) 18:00~19:30
04/04 (月) 13:00~14:00
04/06 (水) 20:00~21:30

<詳細・予約はこちら>
http://goo.gl/lpj8wW


上記日程以外でも、お問い合わせ・個別相談を承っております。
フリーダイヤル 0120-970-021(平日 09:30~21:00)
※受付時間を今だけ延長して対応しております。

本メールからそのままご返信いただいても大丈夫です。
BBT大学に関するご質問・ご相談等、どうぞお気軽にご連絡ください!


────────────────────────


【 3 】新たな道へと歩み始めた卒業生へ「贈る言葉」
     大前研一学長@卒業式
     

────────────────────────


一昨日の4月2日に執り行われました入学式での宇田副学長による祝辞が、
本学の特長を的確に表していますので、抜粋してお送りいたします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

皆さんは難関を突破されて、今日ここに山積されている。

難関だが、一般には偏差値とか倍率といった尺度でいわれることがおおいが、我々の難関はもう一つ別の意味がある。
将来卒業とは一つの過程であり「新しい学び」の始まりである。
新しい人生、輝かしい人生を歩むにあたり、このことを胸に覚悟を
持って進んでいってもらいたい。

自分に限界を設けないこと。「自分の分際で」「私はこんな程度」
「自分の偏差値はここだったから、これくらいで」といった発想は
全て突き破りなさい。

世界的な企業に作り上げていった人達は皆、限界突破をしている。
彼らは自分の能力に対しいずれも限界を設けていない。

BBT大学で問題解決思考を数多く学んだのだから、その思考を生かし、
行動し続ける、挑戦し続けることを皆にお願いしたい。

目線を上げてもらいたい。
『坂の上の雲』という小説があるが、坂の上の雲を見ていた状態の
日本は非常にうまくいっていた。
その目線の高さを、自分のドライバーにしましょう。

新しい場所や国々に多くの素晴らしい人がいるのだから、そこへ
そこに飛び込んでいくこと。BBTのクラスでの出会いも、それらの一つ
だったはずです。

まずは取り組む。そして間違いをおかせば反省し、考え直す。
そしてまた、進んでいく。
これらを繰り返すことで成長に繋がる。

自分のエンジンが成長のドライバーである。
この考え方を貫いてほしい。

今日は「オールラウンド」ではなく「尖った」人間が必要である。
21世紀は「尖った」人間が新しい世界を作っていく。

「国家」の時代でもなければ「大企業」の時代でもない。
「個人」が重要になってきたのが、21世紀の大きな特徴である。

そして「尖った」人間が新しい事業を作り、新しい可能性を拓いていく。
「尖り」は決して恥ずべきものではない。この信条を世界を変えるための
ドライバーにしてほしい。

「人並み」はこれまでの美徳の一つであったが、これからは
突き破っていく力が必要となる。

シェーカーズ&シェイパーズという言葉があるが、
「古い物を(揺すって)削ぎ落とし、それから新しい物の形を作る」
という考えである。このようにシェイクしていきながら、新しいものを
考え続けることが大事である。
世の中の意見に惑わされず、古い考えをそぎ落として生きていってほしい

「ライフタイムエンパワーメント」のプラットフォームをBBTは構築し、
多くの人々が集まっていただけるよう内容を拡充している。そしてその
根幹であるエアキャンパスは、世界中どこにいても学び続けられる
優れものである。

エアキャンパスを使って勉強していくことの利点として、「集団知」の
構築が挙げられる。

経営学部の総発言数は89280回。平均が2126回。学生は大体年間500回
発言を投稿している。そして最多投稿学生は9400回。
この数字からも、エアキャンパスを通して相当鍛えられていることが窺える。

エアキャンパスに悩まされたと思っていらっしゃる方も多いかと思うが、
やがてこれが懐かしく、そして段々と、これがないとやっていられなく
なってくのではないかと思う。

今後も引き続き「ライフタイムエンパワーメント」に参画していただきたい。

本学で学んだ、ファクトに基づき、自分で考察を進めていく方法は、
かなり破壊的な力を持つはずである。

従って、更にこの力に磨きをかけて、「今日で終わった」ではなく、
「今日から更に磨きをかけていく」と決意を新たにしてもらいたいと思う。

卒業おめでとうございました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

いかがでしたか。
総発言数の数に、書きながら筆者もびっくりでした。
いずれも文字ベースです。どれだけ論理思考が鍛えられたことでしょう。

この「学び」のあり方が、そう遠くない未来にスタンダードになることが
予見できる卒業式でした。

参考:帽子投げ
http://goo.gl/v7RqE9


────────────────────────


 本日のBBTUメルマガは以上です。

 最後までお読み頂き、ありがとうございました。


───────────────────────

■お問い合せ先 (お気軽にご連絡下さい)

BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)
E-mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp

TEL:0120-970-021( 平日:月~金9:30~21:00 )

ホームページ:http://bbt.ac
Facebookページ:https://www.facebook.com/BBTUniversity
配信停止はこちらから:https://area34.smp.ne.jp/area/cl/1902483/G4SVedfbEV58/M?S=leqdo6mften

				
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket