BBT大学トップ > 学部・学科 > 英語カリキュラム

英語カリキュラム

English Curriculum

BBT大学の英語プログラム

BBT大学の英語プログラム

今やビジネスの公用語となっている英語。Web上の膨大な情報の70%以上は英語で書かれています。ビジネスを展開していくにあたり、英語が話せるか否かでその可能性は大きく分かれます。
本学では「読む」「書く」「聞く」「話す」の4項目を総合的に修練し、論理的に自分の考えを相手に伝え、国籍も文化も異なる人たちに説得力のあるディスカッションができる英語力を磨きます。

ビジネスで結果が出せる英語の習得を目指します

個々の実力に合わせた段階的で実践的な英語学習

個々の実力に合わせた段階的で実践的な英語学習

BBT大学での英語学習のゴールは「自分の考えが相手に伝わること」。自分の考えを論理的に・簡潔に・鮮明に書く・話すことで「ビジネスで結果が出せる英語」の習得を目指します。これまで詰めこみ型の英語学習が苦手だったとしても、自分の考えを主張するために必要となる、「書く」・「話す」・「聞く」・「読む」の4技能を新たに学ぶことができます。「自分の考えを相手に伝え、相手を動かす」英語力を、一流の講師陣から学びます。

オンライン(Skype)マンツーマン英会話

オンライン(Skype)マンツーマン英会話

英会話のトレーニングは、英語でのビジネス経験のある厳選採用されたフィリピン人講師を相手にマンツーマン(skype)で行います。英会話レベルを10段階で構成しており、初回レッスンで講師がレベル確認をするため、自分に合ったレベルからスタート可能です。また、1レッスン25分間を好きな時間[朝6時~夜23時半]で受講できるため、忙しい社会人に最適です。

BBT大学で学ぶ学生の声

BBT大学で"使える"英語を学んでいる学生の声を聞いてみましょう!

30代女性/会社員

「英語学習へのモチベーションが上がった」
「TOEICスコアが一年間で730から870に」

50代男性/会社経営

「海外出張時に通訳をつけていたが、直接自分でやり取りするようになった」
「自分の気持が伝わる英語を使えるようになった」

生きた英語を使い、活躍する学生たち

西岡 津世志さん

ラーメン店を経営しながらBBTで学ぶ。
世界中に夢を語れる仲間を作りたい。

西岡 津世志さん(グローバル経営学部 / 「Yume Wo Katare」プロジェクトリーダー・30代 ) ボストン

世界190ヶ国以上という目標のためには、グローバルな視野が絶対必要だろうという思いがありました。(BBT大学の講義を)実際に始めてみると、予想通り結構手ごたえがありました。英語の授業もとても助かっています。

BBT大学の英語講師陣

山田暢彦

山田暢彦

「Essential English Writing」担当講師/NOBU English Academy代表/米国ニュージャージー州出身。
長年の指導で培ったわかりやすい解説と、実践ですぐに使える実用的な指導が好評。
著書は多数の塾や教室で使われている。

ナイジェル・デンスコム

ナイジェル・デンスコム

「Business English Discussion I」など担当講師 /デンスコムコーポレーションCEO / ハーバード(MBA)卒業後、バンク・オブ・アメリカで企業金融および資本市場担当のマネージング・ディレクターを務める。

花田徹也

花田徹也

「English Reading & Listening I」など担当講師 / 花田塾代表 / TOEICテストで7回連続満点を取得。三菱商事に勤務していた経験をいかしながら、ビジネス英語の指導にあたる。

竹村和浩

竹村和浩

「English Pronunciation」など担当講師 / TLL言語研究所代表・『発音の学校』主宰・日本文化通訳/ 日本人のための英語音声指導法・文法指導法を開発。アルク発音セミナーでは10年間満員御礼の人気講師。
専門は英語発音矯正とビジネス英語。

実際の講義映像

入学金、授業料、奨学金等はこちらをご覧ください

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket