BBT大学トップ > 学部・学科 > 3分間大学 > 新興国ビジネス事例研究

新興国ビジネス事例研究

海外・新興国でも戦える、実践的なビジネスプランニング力を養う

学びの目的とゴール

本講義の目的は、新興国でのビジネス開発事業の事例研究を通しどのようなビジネスチャンスが新興国にあるのか、さらに、実際のビジネス開発に必要な実践的な知識を身につけることにある。
具体的には、各講義における事例研究を通し、新興国のビジネスの現状理解と今後の可能性を模索し、実際に自分が新興国でビジネス開発をした場合を想定しての演習課題に取り組む。
本講義を通し、新興国におけるビジネス開発における必要知識と実践方法を身につけ、グローバルリーダーとして活躍できる人材となることを期待する。

講師プロフィール

椿 進

Asia Africa Investments and Consulting(AAIC) 代表パートナー
ボストンコンサルティンググループ(BCG)、パートナー・マネージングダイレクターとして、ハイテク、情報通信、インターネット、メディア・コンテンツ分野において、事業戦略、M&A戦略、新事業立ち上げ、グローバリゼーション等のプロジェクトを実施。95年-96年にはサンフランシスコオフィス勤務。
大手通信会社、大手携帯電話会社、大手電機メーカー、大手ハイテク部材企業、大手ゲーム会社、大手テレビ局、IT・ネット企業、 消費財企業などのコンサルティングを15年にわたって経験。
2006年より(株)インデックスホールディングスの代表取締役に就任。
(株)タカラトミー、(株)竜の子プロダクション、(株)アトラス、(株)ネットインデックス等 などの社外取締役を歴任。
2008年に株式会社パンアジアパートナーズを創業。

Students' Voices

「インタビューが多く、実践的な話が多く飽きなかった

by 30代男性

「新興国で行うビジネスの面白さとハードルが意外と低いことを認識することができた」

by 40代男性

現場の第一線で活躍されている方々の興味深いインタビューと、
椿先生のファシリテーションのコンビネーションを
とても毎回講義で楽しませていただきました。
内容についても、単に理論や情報の詰め込みではなく
多くの気付きを頂き、とても感謝しています。
ありがとうございました」

by 40代男性

BBT大学って実際どう?在校生の“生の声”をお届け!
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket