BBT大学トップ > 入学案内 > 単科生制度 > Essential English Speaking

Essential English Speaking

科目概要

使いやすく汎用性が高い「コアフレーズ」を身につけ、「自分が言いたいこと」を英語で伝えるためのトレーニングをする。

目的とゴール

本科目では、スピーキングの基礎スキルを身に付けることを目的としている。講義では、そのための「コアフレーズ」を学ぶ。コアフレーズとは、様々な状況で幅広く使える言葉や表現(フレーズ)である。中学校で学習する表現でありながら、どれも汎用性が高く、学んだ内容は、どのような場面にも活かせる。
また、講義の中で、学んだコアフレーズを使って即座に日本語から英語への言い換える練習をすることで、
楽しく、そして確実に実践で使えるスキルを身につける。

こんな人におすすめ

スピーキングスキルを高めたい方。英語でつまずいている初級者はもちろん、中上級者も楽しめる。

受講生の声

  • フラッシュカードを使ったトレーニングは、ゲーム感覚で楽しく学べました。
  • ソレイシィ先生の解説がわかりやすく、英語で表現することの苦手意識がなくなりました。
  • 実際のコミュニケーションに重点が置かれていて実践的なのが良いです。

教員紹介

Steve Soresi

経営学部 グローバル経営学科 専任教授

アメリカ合衆国フロリダ州出身。国際コミュニケーション博士。専門は英語教育、特にスピーキングとライティングのプロダクティブ・スキルの育成。
1990年初来日。岐阜県の学校で英語指導助手を務める。「外国人のための日本語弁論大会」で優勝して以来、ラジオやテレビ等で活躍。1999年、NHK教育テレビ『はじめよう英会話』で講師を務める。
2012年より、平日10分間のNHKラジオ第2放送『英会話タイムトライアル』の講師。日本の「英語が使える国の仲間入り」を目指して、英会話教材開発や各種セミナーを行っている。
2005年度フロリダ州TESOL(英語教育学会)で、その年の最優秀論文賞「Paper of the Year」を獲得。
2009年に研究論文『プルーラセントリシティとノンリニアリティを考慮に入れた国際言語としての英語の教授法と評価法における目標発話率に関する一考察』にて博士号取得。
趣味はスポーツ観戦と登山。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket