BBT大学トップ > 入学案内 > 単科生制度 > グローバル経済と経営

グローバル経済と経営

科目概要

世界経済の潮流と政治動向、企業活動に関する情報を集め分析し、独自の視点で提言を行なえる力を身に付ける。

目的とゴール

この科目では、21世紀のグローバルリーダーに求められる素養、すなわち、事実(FACT)をベースに論理的に思考を組み立て、自分だけの答えを導ける能力を身に付けることを目的としている。1年次カリキュラムでは、自分自身の知的好奇心や成長欲求に基づく学習習慣を築くこと、論理的に考える習慣を築くことが到達目標となる。旧来の学び方を棄却し、答えのない時代の学び方が体得できれば、科目の狙いは達成できたと言えるだろう。

こんな人におすすめ

国際的視野と開拓者精神を持ち、自ら未踏の領域を切り開いて行くときに必要になる「考え方」を体得したい人。

受講生の声

  • 正解がない学びは大変であったが力になった。
  • クラスメイトやラーニングアドバイザーからのコメントは思考を深めるのに役立った。
  • 世界や日本のニュースに対する考え方の切り口を学ぶことができた。

教員紹介

大前研一

マサチューセツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。
スタンフォード大学院ビジネススクール客員教授(1997-98)。
UCLA総長教授(1997~)。
現在、ボンド大学客員教授、(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket