BBT大学トップ > 学生生活 > BBT大学生の一日(社会人) > N・Dさん(30代・男性)の一日

BBT大学生の一日

海外で働きながら、オンラインで日本の大学の授業が受けられる。経営とITと英語、どれも私に必須の内容でした。

N・Dさん(30代・男性)

  • タイプ:海外でも日本と変わらぬ学習環境を活用
  • 学習時間:週に平均19時間+隙間時間
  • ライフスタイル:仕事(海外駐在)+受講

6:00 起床

朝の時間を有効に使えるかで、学習に使える時間が変わる。日本と時差のある海外でも、気にせず参加可能なディスカッションでは、毎回様々な課題に対して、いろんな学生から面白い意見が聞けるのが楽しい。

POINT

海外にいても時差を気にせず学習を進めることができます。

8:00~9:00 出勤時に授業動画を視聴する

専用のモバイルアプリを使って、授業動画をダウンロードすることで、インターネットに接続していなくても授業動画を見ることができる。夜の間に自宅でダウンロードしておいた授業動画を移動時間に見ることで、時間を有効活用している。

POINT

モバイルアプリを使うことで、インターネット環境が無い場所でも授業を受けられます。

9:00~19:00 勤務時間中はもちろん英語のみでのコミュニケーション

BBT大学では英語科目も多くあるが、海外で働く自分にはいまさら不要だと思っていたら大間違い。実は仕事で使える英語を学べる実戦的な内容ばかりで、意外だったが、海外経験が長い自分にも役立つ内容ばかりだった。

POINT

中学卒業程度~海外駐在員レベルまで。段階的な英語カリキュラムで実践的な学びを。

21:00~23:00 大前LIVEで世界情勢の裏側を知る

個人的に一番重宝しているのが、毎週日曜日に配信される大前LIVE。これは大前研一学長が毎週世界情勢や経済、ニュースを独自の視点で解説していくのだが、海外に住んでいる自分としては、日本のことも、海外で起きていることの裏側も知ることができ、特に助かっている。

POINT

世界の最新トピックスを大前研一学長が毎週解説します。

土曜日 7:00~9:00 土日を使って、平日に足りない部分をカバー

土日は家族サービスに時間も使いたいが、平日だけではカバーできない分を朝に集中して学習。4年間の学習が必要なので、メリハリをつけてやるときはやる、休むときは休む生活にしている。

POINT

学習を継続するためのポイント、“メリハリをつける”。

N・Dさんの一週間スケジュール

日本で働いているときと変わらない生活リズムで海外にいても学ぶことはできます。自分の空いている時間で学習ができるので、時差もそこまで気になりません。
平日が仕事で忙しいときなど学習時間が取れないときには土日に集中して取り組むようにしています。

N・Dさんからのメッセージ

海外にいながら日本にいるのと変わらず学習ができます

100%オンラインで学べるBBT大学だからこそ、海外にいながら入学をすることができました。もともと、問題意識を強く感じている中で出会ったBBT大学で、海外にいても日本にいるのと変わらぬ学習環境で自分自身の成長を実感しています。

他の学生の1日を見る

H・Iさん(30代・男性))

H・Iさん(30代・男性)

管理職への昇進をきっかけに体系的な学びを求めてBBT大学に入学。ビジネスマンとしてだけでなく、心身の成長も実感する日々。

Y・Tさん(30代・女性)

Y・Tさん(30代・女性)

新しい仕事・新婚生活・そして大学生。学習密度をコントロールしながら全部楽しみます!

S・Kさん(40代・男性)

S・Kさん(40代・男性)

起業から20年、会社のステップアップのため、また自らの経営力再構築のため、MBAではなくあえて学部の基礎講座からスタート。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket