教員紹介 詳細

須子 善彦Yoshihiko Suko

須子 善彦

経営学部 ITソリューション学科 専任准教授

BADO株式会社 Founder 兼 CEO. / NPOブラストビート理事
函館市出身。慶應義塾大学SFC政策・メディア研究科にて博士号取得。
学生時代には国際学生NPO AIESECにて活動。2000年頃より今日でいうSNSを研究し、在学中にITベンチャー Beat Communication創業。
2005年IPA未踏ソフトウェア創造事業「天才プログラマ・スーパークリエータ」認定。 地域SNSに関する著書『地域SNS最前線 Web2.0時代のまちおこし実践ガイド』(共著)の執筆をきっかけに地域創生、ソーシャルイノベーションに関心を持ち、海士町の取り組みに関与、旅人(よそ者・若者・バカ者)が与える可能性を痛感する。 その後、ソーシャルベンチャー ユナイテッドピープル株式会社でのCTO兼新規事業担当を経て、教育ベンチャーBADO株式会社を創業し、旅の奨学金などを通して地域を育てる若者を育成。
研究テーマは、新たなProject Based Learning手法として注目される「マイプロジェクト」を用いたアントレプレナー教育・マインドフルネス。その他の活動分野のキーワードは、プログラミング教育, EduTech, リモートワーク, e-learning時代の新しい学習環境創り。
中小企業基盤整備機構TIP*S講師(マイプロジェクト)。元 埼玉工業大学非常勤講師(ボランティア論、マイプロジェクト)。

主要担当科目

IT学習入門
IT学習入門

研究分野

情報学フロンティア ,人間情報学,教育工学

著書

・地域SNS最前線 - Web2.0時代の町おこし実践ガイド 共著 平成19年3月 株式会社アスキー まちづくりやコミュニティづくりにSNSを用いている事例の紹介と、同様の取り組みを行う人へ向けた指南書。さらに、まちづくりとITの未来について提案。まちづくりは、日本国内におけるボランタリズムによる社会貢献活動の主なもののひとつである。その現場でおきている事例を元に、モデル化を通した現状の紹介と今後の発展の道筋を示唆した
・中小機構調査研究報告書 第5巻第4号(通号23号)『地域資源を活かした食料品の販路拡大に関する 調査研究 ~広域的事業展開で域外への販路拡大を図る~ 』 共著 平成25年3月 中小企業基盤整備機構 中小企業基盤整備機構におけるナレッジアソシエイトとして、日本各地の食に関する農商工連携・六次産業化の事例を調査・分析した研究の成果を報告書としてまとめた。商品開発や販路開拓の基本的な視点とその実践のポイントとしてコミュニティの資源やまちづくりの手法を取り入れた成功事例などを紹介・分析している。
・地域の美味しいものづくり 共著 平成25年11月 同友館 中小企業基盤整備機構におけるナレッジアソシエイトとして、日本各地の食に関する農商工連携・六次産業化の事例を調査・分析した研究の成果を書籍としてまとめた。商品開発や販路開拓の基本的な視点とその実践のポイントとしてコミュニティの資源やまちづくりの手法を取り入れた成功事例などを紹介・分析している。