BBT大学トップ > 教員紹介 > 麻生川 静男

教員紹介 詳細

麻生川 静男Shizuo Asogawa

麻生川 静男

京都大学部工学部機械工学科卒、同工学研究科修了。
在学中サンケイスカラシップ奨学生としてドイツ・ミュンヘン工科大学に留学。留学中のカルチャーショック経験からライフワークとしてリベラルアーツに邁進することを秘かに決意。
大学卒業後、住友重機械工業(株)入社し、社内留学制度で、カーネギーメロン大学(CMU)工学研究科に留学、コンピュータのソフトウェア工学を修める。帰国後はシステム開発エンジニア、SE、ソフトウェアプロジェクトマネジャー、データマイニングビジネスの社内ベンチャーを立ち上げる。
この間、徳島大学工学研究科後期博士課程修了、博士(工学)を取得。その後独立し、複数のITベンチャーの顧問などを歴任。2005年から神戸のカーネギーメロン日本校(CMUJ)のプログラムディレクター兼教授を勤め、英語授業も担当した。京都大学産官学連携本部のIMS(イノベーション・マネジメント・サイエンス)寄附研究部門の准教授を務めた後、リベラルアーツ研究家として独立。
京都大学、関西大学、同志社大学等において、日英の両言語で、リベラルアーツ授業を行った。現在は、社会人向けのリベラルアーツの企業研修を日本語と英語の両方で行っている。ビジネス・ブレークスルー(BBT)においてもPEGLにてリベラルアーツ科目「グローバルリテラシー」を担当している。

著作
・『世にも恐ろしい中国人の戦略思考』 (小学館新書、2017年)
・『本当に悲惨な朝鮮史 「高麗史節要」を読み解く』 (角川新書、2017年)
・『旅行記・滞在記500冊から学ぶ 日本人が知らないアジア人の本質』(ウェッジ、2016年)
・『本物の知性を磨く 社会人のリベラルアーツ』(祥伝社、2015年)
・『本当に残酷な中国史 大著「資治通鑑」を読み解く』 (角川新書、2014年)
・『ケースで学ぶ 実戦 起業塾』(日本経済新聞出版社、2010年) ※共著

著書

・『本当に悲惨な朝鮮史 「高麗史節要」を読み解く』 (角川新書、2017年)
・『旅行記・滞在記500冊から学ぶ 日本人が知らないアジア人の本質』(ウェッジ、2016年)
・『本物の知性を磨く 社会人のリベラルアーツ』(祥伝社、2015年)
・『本当に残酷な中国史 大著「資治通鑑」を読み解く』 (角川新書、2014年)
・『ケースで学ぶ 実戦 起業塾』(日本経済新聞出版社、2010年) ※共著