卒業生の声
M.Kさん(40代)

2014年9月卒業

現在のお仕事の内容なども踏まえ、簡単に自己紹介をお願いします。

プログラミング、システムエンジニア、営業、マーケティング、経営企画、研究部門を経験し、現在はチームを率いて新事業創出を担当しています。
事業の立ち上げに際して、過去の経験と知見より、協創による推進に自信を持っています。

入学前

ご入学前に、BBT大学に興味を持ったきっかけ、理由など教えてください。

独学で学んできた経営を体系的に学べ、かつ英語も習得できることがメリットであると感じ、入学を決意しました。

BBT大学への入学を決断した理由を教えてください。

経営、英語、問題解決、リーダーシップを体系的に学べ、現役の実務家による実践的な講義が学べることが入学理由です。

在学中

入学して、想像以上だったことや驚いたこと、嬉しかったことなど、率直な感想をお聞かせください。

スマートフォンで、いつでも、どこでも学べることが想像以上に便利で、スキマ時間を有効に活用することができました。

一番役に立った、もしくは面白かった科目は何ですか?理由と共に教えてください。

山本成一(キャメルヤマモト)先生、リーダーシップ

経営を担う人材になるためには、自分自身のアイデンティティを理解することが重要であることを学びました。
具体的には、自分の歴史を振り返り、強み、弱みを理解し、グローバルリーダーとしてめざす方向性を明確化することで、周りに流されない自己を確立できると感じました。

BBT大学らしいと感じる科目は何ですか?理由と共に教えてください。

グローバル経済と経営(大前ライブ)です。

国内外のニュースを世界的なコンサルタントの第一人者である大前研一学長が、歯に衣を着せずに発言されている姿は、BBT大学が求める道なき道を切り拓くために必要な資質であると感じました。

BBT大学で学び、卒業をするうえで、ご自身で工夫されていたことがあれば教えてください。

移動中(特に通勤電車)は視聴用と講義の内容や考察の書き込み用にスマートフォンを2台使い、スキマ時間を有効活用していました。帰宅後、その内容をパソコンで調査、分析して投稿するようにして効率を重視しました。
結果、ストレートで卒業することができました。

BBT大学で学ぶことのメリットはどのようなことでしょうか。

一番のメリットはいつでも、どこでも、現役の実務家による実践的な講義を学ぶことができることです。また、単に学問を学ぶだけでなく、リーダーシップ論を通じて、アイデンティティの理解と確立ができたことで満足度が高い学びとなりました。

卒業後

BBT大学での学びが、どのような場面でどんなふうに役立っていますか?

新事業を創出する際に、お客様を中心としてニーズと課題を事実ベースで整理、提案ができるようになりました。つまり、現象と原因切り分け、本質的な課題に迫る問題解決の講義が大変役立っています。

現在取り組んでいること、あるいは今後の夢や目標についてお聞かせください。

現在、新事業創出を担当しており、引き続き、より良い未来を創造する活動に従事し続けていきたいと思っています。

BBT大学への入学を検討されている方に一言メッセージをお願いします。

経済・経営、問題解決、リーダーシップ、英語、ITを現役の実務者から学ぶことができ、かつ現役生、および卒業生のグローバルな人的ネットワークは強い絆で結ばれ、問題解決をしてくれる重要なパートナーとなり、自らの知見を広げ、実践につなげることが短期間でできるため、コストパフォーマンスが高いと思います。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket