ビジネス・ブレークスルー大学 共に学生のアンビションを創っていく

ビジネス・ブレークスルー大学

共に学生のアンビションを創っていく

BBT大学トップ > 保護者の方
高校生・大学生のみなさんへ 学長からのメッセージ

BBT大学は、世界を舞台に、
新しい道を拓く人材を育成する大学です。

これからの世界に生きる若者たちは、リスクの時代を迎えています。
「米国、ドル基軸通貨の崩壊」「欧州経済危機」「中国のバブル崩壊」など。
こららは、今すぐに起きてもおかしくない経済的なリスクです。
グローバルに繋がった世界においては、上記全てが日本の私達にも直接影響してきます。
そして新興国で生まれる膨大な数の、ハングリーで有能、かつ段違いに安価な労働力の登場。
付加価値の低い仕事・業務を続けることのリスクは、ますます高まっています。
このような時代を生きるためには、個人がグローバル時代でも活躍できるだけの、
ビジネスパーソンとしての確かな力を身につけることが大切だと考えています。
そのため、ビジネス・ブレークスルーはグローバル社会を生き抜く、
突破力がある人材の育成を目的としています。

ビジネス・ブレークスルー大学の歴史

BBT大学経営学部は、世界を舞台にリーダーシップを発揮し、どのような環境下においても成功事例を生み出すことができる人材の輩出という明確なコンセプトのもと、日本初のオンライン大学として2010年4月に設置されました。
日本の教育の最大の問題は、暗記した数の多さで能力をはかる「知識偏重型」に依存してきたことです。そのため、答えのない状況に放り込まれた時に大きな困難を感じる人が量産されてきました。しかしながら、実社会に出てみれば分かることですが、世の中には全てのことに答えがありません。答えがない中で自ら考え、自分だけの答えを導き出さなければならないのです。
本学は、日本の教育のあり方に一石を投じ、得た知識をもとに論理的に考え実証していく力を持つ人材、現状を突き破り前例を超え、新しい価値を生み出す人材を育成する機関として、21世紀の教育のあり方を刷新していきます。

2005年4月
ビジネス・ブレークスルー大学院大学
(現 ビジネス・ブレークスルー大学大学院)開学
2010年4月
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 開学
2014年3月
第一期生卒業
日本e-Learning大賞、厚生労働大臣賞受賞
2015年12月
職業実践力育成プログラム(BP)に認定

BBT大学の就職支援

BBT大学のキャリアセンターでは、在学生の学びと卒業後進路を関連づけていくため、
様々なサポートプログラムを用意しています。
ガイダンス、OBOG(先輩)紹介、個別相談、インターンシップやアルバイトの案件紹介などを通じて、
みなさんが勉強しながら社会についての視野を広げ、卒業後の進路選択や将来のキャリア構築に向けて
具体的な準備を進めていけるよう、専門スタッフがサポートしています。

入学してから卒業までの個別フォロー&サポート

入学してから卒業までの
個別フォロー&サポート

入学後から個別のレベルに合わせた計画的な学習を実施するため専門の学習サポーターがフォローします。
具体的には、学習計画をサポートするメールを定期的にお送りし、個別の学習相談にも随時対応します。進路が決まっても単位不足で卒業できない...
そんなことが起きないよう支援します。

進路や社会への理解を含めるサポート

進路や社会への
理解を含めるサポート

自身の進路を考え、適切な選択をしていくために全体像をつかめるようになるためのガイダンスを実施します。
また、本学のOBOG(先輩)紹介を通して、実際に同じ立場や悩みを持った人たちに直接質問をすることで、解決の糸口を見つけることもできます。

専門スタッフによるサポート

専門スタッフによる
サポート

キャリア支援の専門的知識を持ち、進路相談の実務経験を積んだキャリア・コンサルティング有資格者チームが、皆さんの考えを尊重しながら進路選択のお手伝いをします。
個々の学生のおかれた状況や希望にあわせた支援を提供します。

卒業生のロールモデルを見る

佐々木あやさん グローバル経営学科卒

予想以上に和解額せうも多く、
楽しいキャンパスライフを満喫。

佐々木あやさん グローバル経営学科卒

仕事内容
日本企業ベトナム法人立ち上げ
年  代
20代
中西佑樹さん グローバル経営学科

卒業後、新規事業立ち上げ。
「ヒーローになるのが僕の夢」

中西佑樹さん グローバル経営学科

仕事内容
日本法人フィリピン新規事業
立ち上げ
年  代
20代
八木雅史さん グローバル経営学科

抱え続ける課題意識。始めるなら
早いほうが良いと踏み出した。

八木雅史さん グローバル経営学科

仕事内容
繊維メーカー研究開発(中国在住)
年  代
30代

在学生インタビュー

2011年秋入学 土井 侑翼

2011年秋入学 土井 侑翼

社会に価値ある何かを残したい。BBT大学はそのための成長の場。

2010年入学 石橋 恵梨

2010年入学 石橋 恵梨

考える幅が広がって、進むべき道が具体的に見えてきた。

学費

入学金 31万5000円/入学時のみ
授業料 36万7500円/半年
システム利用料 6万円/半年
上記合計
(入学時に必要な学費)
74万2500円
  • 入学して半年後以降の学費は、42万7500円/半年(授業料・システム利用料)です。
  • 在学5年目以降の学費は、12万円/半年(システム利用料のみ)に減額されます。授業料は無料です。これにより、学費負担を軽減しながら中長期の学習計画を立てることができます。
  • 学費の詳細は、募集要項をご確認ください。

Q&A

Q

BBT大学とはどんな大学ですか?

A

100%オンラインで経営学の学士が取得できる文科省認可の日本で初めての大学です

全ての科目が100%オンライン(PC・モバイル)で完結します。つまり、スクーリング(通学)なしでも、卒業資格を得られる大学です。
また講義を担当するのは実際にビジネスで活躍する教授陣です。
その上で、多様なバックグラウンドを持つクラスメイトとの深いディスカッションが生み出す「集合知」が一人では得られない深い理解を促します。

Q

普通の大学との最大の違いは何ですか?

A

ビジネスの第一線で活躍している講師陣が実社会を生きる方法を教えてくれます。

コンサルタントや創業社長、大企業の重役など、ビジネスの第一線で活躍しているエキスパートが教授となり、社会情勢や自らの体験を踏まえた講義を熱意を持って教えます。
一流の教授陣の講義を一度に受けることができるのも、オンラインというスタイルならではの特徴です。

Q

就職のサポート体制はありますか?

A

キャリアアドバイザーが就職活動の個別相談に応じています。

就職活動に関する講義動画が見られるほか、キャリアアドバイザーたちが就職活動の個別相談に応じています。具体的には模擬面談を実施したり、興味のある業界で働いている先輩を紹介したりしています。就職先はベンチャー企業、大手企業などで実績があります。

Q

卒業生はどんな活躍をしていますか?

A

大手企業やベンチャー企業への就職だけでなく、自ら起業する学生も。さらに海外で活躍している学生もたくさんいます。

就職活動に際しては、面談やスカイプや電話、メールなどの手段を通じて教務スタッフが学生ひとりひとりとじっくり向き合います。
2014年の卒業生の進路は、日本国内の大手企業や日本企業の海外支部、ベンチャー企業などの企業に勤務していたり、実際に自分で起業していたりと様々。
日本にとどまらず、世界中で活躍しています。
BBT大学生にとっての就職活動は将来の夢へのファーストステップです。将来の夢や人生プランを見据えた進路選択ができるようなサポート環境が整っていることもBBT大学の自慢の一つです。

Q

学生同士の交流はありますか?

A

地域毎のセミナー、自主的な勉強会、サークル活動も行われています。

自分の行動1つで全国・世界にいるクラスメイトとリアルにつながることができます。BBT大学はオンラインの大学ですが、学んでいる在校生同士の交流は盛んです。地域ごとのセミナー、勉強会などの交流会のほかにも、海外の学生に連絡を取って会いに行った学生もいます。先輩や卒業生も快く受け入れてくれます。

Q

学習についていくためのサポート体制はどうなっていますか?

A

授業毎にラーニングアドバイザー(LA)がいる他、学習計画の立て方については学部教務室が個別相談にのっています。

電話やオンライン( メール・skype など)または麹町校舎への来校で気軽に学部教務室とコンタクト可能です。学習の進め方の相談から、選択科目の履修相談など些細なことでもお気軽にご相談いただけます。

Q

入学できるタイミングはいつですか?

A

4月と10月の年2回、入学することができます。

主に高校3年生(20歳までの高校卒業者を含む)を対象にした「自己推薦入試」の場合は、入試を8月頃に行い、翌年4月に入学することができます。

Q

海外のビジネスについてはどうやって学ぶのですか?

A

実際に海外に行って、現地を視察したり、現地のビジネスパーソンとディスカッションしたりする授業もあります。

海外ビジネスの経験豊富な講師陣からのリアルな講義に加え、グローバルフィールドスタディといった、実際に海外に行って、現地を視察したり、現地のビジネスパーソンと交流、ディスカッションしたりする授業もあります。2014年は11月に3泊4日の上海スタディツアーが実施されました。企業への訪問や街の視察に加え、日本企業向け上海進出コンサルタントや現地で活躍するビジネスパーソンの講演を聞いたり、現地の学生やビジネスパーソンとの交流、ディスカッションなど非常に有意義な4日間となりました。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket