技術系専門職が見つけた
成功へのキャリア転換点

河内 洋一郎さん(50代)
外資系ITメーカー ビジネス・プログラム・マネージャー

BBT大学には、技術者など専門的なキャリアを歩んできた学生が数多くいる。外資系ITメーカーで順調にエンジニアとしてのキャリアを重ねてきた河内洋一郎さんもその一人だ。河内さんがなぜBBT大学に入学したのか、その理由を聞いた。

BBT大学には、技術者など専門的なキャリアを歩んできた学生が数多くいる。外資系ITメーカーで順調にエンジニアとしてのキャリアを重ねてきた河内洋一郎さんもその一人だ。河内さんがなぜBBT大学に入学したのか、その理由を聞いた。

12時間も金融システムが全面ダウンするという最悪の事態

新卒で外資系ITメーカーに入社して以来、日本をはじめ世界各国に大型コンピュータを導入し、テクニカル支援スペシャリスト、サービステクニカルマネージャーとして、ずっと技術畑を歩いてきたので、蓄積してきた知識や技術、経験には自信がありました。アジア諸国の技術者から名前を覚えられるほど、順調に技術職としてのキャリアを築いてきましたが、これまでの自信と名声が地に落ちるほどの出来事を経験することになるのです。

それは忘れもしない2010年12月11日のことです。担当していた証券会社の証券システムが、突如原因不明のシステムトラブルを起こしました。システムには障害がつきものです。ただ、証券システムにおけるトラブルは事情が違います。お客様に莫大な損失を与えてしまう可能性があるため、10秒も停止してはいけないシステムと言っても過言ではありません。それが12時間も停止するという最悪の事態が起こったのです。

「技術さえあれば何でもできる」という大きな勘違い

証券システムが全面ダウンしたという事態について、お客様企業のCEOや経営幹部に事情を説明しなければなりませんでしたが、トラブルの原因は説明できても、「12時間も止まったことによってどれくらいの損失が出たのか君にわかるのか?」という質問には答えられることができなかったのです。「技術さえあれば何でもできる」。それは大きな勘違いでした。

会社のブランドや肩書きを外した時、自分には何が残るだろうか、自己変革するためには何が必要か。打ちひしがれていた私が出した答えはBBT大学にありました。大前研一学長が指導してくれるRTOCS®とは、企業や行政の現在進行形の経営課題を取り上げ、ファクトを元に経営者の視点で様々な打ち手を考えるトレーニングです。お題はフィットネスクラブの経営者や業務スーパーの店長、時には国家元首など多岐にわたります。ビジネスシーンを想定した実践的なカリキュラムであり、このRTOCS®を毎週こなしていくことで、本質的な問題を発見する力が付き、経営幹部を相手にした商談でも、インパクトのある解決策を提案できるようになりました。

「人生は、一生勉強」という気づきを与えてくれたBBT大学

BBT大学を卒業した今、当時と同じ場面に置かれたとしたら、落ち着いて対応できるだろうか…と考えることがあります。答えは確信を持って「できる」。それほど、ここでの学びは自分の弱みを補うに余りある、自分の価値を極限まで高められるものでした。自分に足りなかった経営者としての目線や、課題解決力などを学ぶためにBBT大学に入学しましたが、卒業は自分の人生において通過点に過ぎません。現在はBBT大学大学院でMBA取得を目指していますが、BBT大学が掲げる「ライフタイム・エンパワーメント(生涯活力の源泉)」というビジョンにあるように、大学を卒業して終わりではなく「人生は一生、勉強」を体現していきたいです。そして、今後は「人口130万人の領土のない電子政府国家」を実現しているエストニアを拠点に、日本人起業家向けに経営スキル・リーダーシップや問題解決力の習得に役立つサービスを立ち上げるという目標を2022年以降に実現するために、準備を進めているところです。

「人生は、一生勉強」という気づきを与えてくれたBBT大学

BBT大学を卒業した今、当時と同じ場面に置かれたとしたら、落ち着いて対応できるだろうか…と考えることがあります。答えは確信を持って「できる」。それほど、ここでの学びは自分の弱みを補うに余りある、自分の価値を極限まで高められるものでした。自分に足りなかった経営者としての目線や、課題解決力などを学ぶためにBBT大学に入学しましたが、卒業は自分の人生において通過点に過ぎません。現在はBOND-BBTでMBA取得を目指していますが、BBT大学が掲げる「ライフタイム・エンパワーメント(生涯活力の源泉)」というビジョンにあるように、大学を卒業して終わりではなく「人生は一生、勉強」を体現していきたいです。そして、今後は「人口130万人の領土のない電子政府国家」を実現しているエストニアを拠点に、日本人起業家向けの経営・リーダーシップや問題解決ビジネスを立ち上げるという目標を実現したいです。

河内 洋一郎さん(50代)
50代 外資系ITメーカー ビジネス・プログラム・マネージャー

社会インフラ基盤として稼働する、大型コンピュータの導入から保守までを一貫して提供するサービス開発に携わる。現場の第一線で活躍していた頃は、エンジニアの中でも最高の技術を持つとされる「トップガン」と称され、日本のみならずアジア各国の技術者から注目を集める。

河内 洋一郎さん(50代)
外資系ITメーカー ビジネス・プログラム・マネージャー

社会インフラ基盤として稼働する、大型コンピュータの導入から保守までを一貫して提供するサービス開発に携わる。現場の第一線で活躍していた頃は、エンジニアの中でも最高の技術を持つとされる「トップガン」と称され、日本のみならずアジア各国の技術者から注目を集める。

動画インタビュー

関連ストーリー

広告制作会社 代表取締役・クリエイティブディレクター兼コピーライター

Not too late!
好奇心のマグマが沸き立つ場所へ

もっとみる

眼科クリニック・コンタクトレンズショップ 経営

ITスキルゼロ
50歳女性経営者の止まらない進化

もっとみる
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket