「それは御社のためにならない」
顧客満足を体現するプロジェクトマネージャー

二ノ宮 里子さん
IT業界 プロジェクトマネージャー

キャリアアップとともに、求められる知識やスキルは変化していく。BBT大学1期生として入学した二ノ宮里子さんも、技術職からマネジメント職にキャリアを積み重ねていくにつれ、これまでとは違った知識の習得に迫られた。プロジェクトマネージャーとして活躍する二ノ宮さんに話を聞いた。

キャリアアップとともに、求められる知識やスキルは変化していく。BBT大学1期生として入学した二ノ宮里子さんも、技術職からマネジメント職にキャリアを積み重ねていくにつれ、これまでとは違った知識の習得に迫られた。プロジェクトマネージャーとして活躍する二ノ宮さんに話を聞いた。

政治経済について関心を持っていなかったプロジェクトマネージャー

年齢とともに技術職のキャリアを積み重ね、プロジェクトマネージャーに就任しました。プログラマー、SE、開発リーダーとは異なり、プロジェクトマネージャーになると、プロジェクトの計画・進捗管理において顧客との接点が一気に増えます。IT関連の知識やスキルについてはそれなりに学んできましたが、顧客企業の上層部の方と商談する機会が増え、話す内容を変えていく必要が出てきたのです。当時の私は、顧客が求めるITサービスを提案することができても、その先の、顧客が営むビジネスの内容や、抱えている経営課題に対する理解はなく、政治経済についてさえ関心を持っていませんでした。

「この方たちと対等に話ができるようにならなければならない」という危機感に駆られ、自分なりに会話のネタや経営の知識を身につけるために、大前研一学長の本などを読んでいたのですが、ある時、本の帯に「BBT大学 開校」と書かれてあるのに気づきました。本から学ぶ以上に、BBT大学で学ぶことで、自分に足りない経営の知識や、上層部の方と対等に話せる経営目線が身につくかもしれない。そんな想いから入学を決めました。

「自分自身の目で調べ、判断する」BBT大学のトレーニング

BBT大学ではIT領域の枠組みを超えて、企業に対して自分たちでアクションし、業務改善の提案をするという課題に取り組みました。これまでに、数多くの企業に対してITシステム・サービスの提案をしてきましたが、あくまでITをベースとした課題解決。頭では「顧客を理解して提案しなければならない」とわかっていても、どこを見れば理解できるのかわからず手探り状態でした。それでも、企業の中期経営計画や経営方針を調べてみると、今どんな課題を抱えていて、それをどのように解決しようとしているのか、そしてどこに向かって進もうとしているのかが少しずつ理解できるようになったのです。物事の本質を自分自身の目で調べて判断する訓練を通じて、実際の仕事でも、事前に顧客企業の中期計画・ビジョン・経営方針を見てから商談に臨むように行動が変わっていきました。

売上よりも課題解決。見えてきたプロジェクトマネジメントの本質

BBT大学に入学する前は、プロジェクトマネージャーでありながら、プロジェクトマネジメントの本質を理解せず、与えられた役割をこなしているだけでした。顧客企業が求めているITサービスを提案するのは簡単ですし、自社の売上にもつながります。でも、そのサービスで経営課題を解決できるかどうかは全く別のこと。BBT大学を卒業した今では、顧客企業からITサービスを求められても、経営課題や経営方針によっては、「それは御社のためにならない」と自信を持って伝えています。顧客企業が求めることにそのまま応えるというよりも、顧客企業に本当に喜んでもらうためにはどんなITサービスが必要か、物事の本質を自分自身の目で見て提案するというように、プロジェクトマネジメントの質が変わってきました。

IT技術と顧客企業が求めるものとの間には、ミスマッチが起こりがちです。それはITの「技術」ばかりが優先され、顧客企業の「課題」が後回しにされてしまうからです。ただ、ITサービスの活用次第では、クライアントのビジネスを一気に加速させられるのも事実です。BBT大学で学んだことで、「ITサービスを通じて、顧客企業の本業のポテンシャルを最大限に高める」という、自分が目指すべきプロジェクトマネージャー像が見つかりました。

売上よりも課題解決。見えてきたプロジェクトマネジメントの本質

BBT大学に入学する前は、プロジェクトマネージャーでありながら、プロジェクトマネジメントの本質を理解せず、与えられた役割をこなしているだけでした。顧客企業が求めているITサービスを提案するのは簡単ですし、自社の売上にもつながります。でも、そのサービスで経営課題を解決できるかどうかは全く別のこと。BBT大学を卒業した今では、顧客企業からITサービスを求められても、経営課題や経営方針によっては、「それは御社のためにならない」と自信を持って伝えています。顧客企業が求めることにそのまま応えるというよりも、顧客企業に本当に喜んでもらうためにはどんなITサービスが必要か、物事の本質を自分自身の目で見て提案するというように、プロジェクトマネジメントの質が変わってきました。

IT技術と顧客企業が求めるものとの間には、ミスマッチが起こりがちです。それはITの「技術」ばかりが優先され、顧客企業の「課題」が後回しにされてしまうからです。ただ、ITサービスの活用次第では、クライアントのビジネスを一気に加速させられるのも事実です。BBT大学で学んだことで、「ITサービスを通じて、顧客企業の本業のポテンシャルを最大限に高める」という、自分が目指すべきプロジェクトマネージャー像が見つかりました。

二ノ宮 里子さん
IT業界 プロジェクトマネージャー

大学卒業後、ITシステム開発企業にてプログラマー、SE(システムエンジニア)、開発リーダー、プロジェクトマネージャーを歴任。BBT大学での学びを生かし、現在はクライアントの経営課題を解決するITサービスを提案する。

二ノ宮 里子さん
IT業界 プロジェクトマネージャー

大学卒業後、ITシステム開発企業にてプログラマー、SE(システムエンジニア)、開発リーダー、プロジェクトマネージャーを歴任。BBT大学での学びを生かし、現在はクライアントの経営課題を解決するITサービスを提案する。

動画インタビュー

関連ストーリー

IT業界 エンジニア

高校3年生で経営を学ぶために就職活動
「経験ベース」で切り開いた進路

もっとみる

眼科クリニック・コンタクトレンズショップ 経営

ITスキルゼロ
50歳女性経営者の止まらない進化

もっとみる
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket