作曲家から起業家へ
アーティストが作るビジネスという作品

斎藤 喜寛さん (40代)
オンライン音楽レッスンプラットフォームビジネス 起業家

2016年、作曲家でありながら起業家でもある斎藤喜寛さんが立ち上げたのは、オンライン音楽レッスンプラットフォーム『canplay』。音楽を諦めたくないという思いが生んだ、斎藤さんの独創的な作品である。作曲家から起業家へ転身した斎藤さんのターニングポイントを紹介する。

2016年、作曲家でありながら起業家でもある斎藤喜寛さんが立ち上げたのは、オンライン音楽レッスンプラットフォーム『canplay』。音楽を諦めたくないという思いが生んだ、斎藤さんの独創的な作品である。作曲家から起業家へ転身した斎藤さんのターニングポイントを紹介する。

音楽を軸に思い描いたキャリアプラン

BBT大学在学中にEXDREAM株式会社を立ち上げ、卒業した現在は、オンライン音楽レッスンのプラットフォームビジネスの立ち上げに向けて活動しています。こういう話し方をすると「大きな失敗もなく順調に起業した」と思われるかもしれませんが、実際はそうではありません。20代で作曲家として音楽業界に入り、30代で数々の楽曲を手がけて成長し、40代で自分の会社を立ち上げる。それが、音楽を軸にした私のキャリアプランでした。というのも、一生作曲家として生きていくことは簡単ではなく、脂が乗った状態で起業することが望ましいと考えていたからです。そうしたプランのもと、20代は順調にキャリアを重ねていましたが、30代で思わぬ壁にぶつかることになるのです

音楽が全く売れない時代に見えた一筋の光

1990年代後半からMP3フォーマットが普及し、インターネットを通じて音声ファイルを手軽にやり取りできるようになりました。そして、2000年代以降、ファイル共有ソフトやブロードバンド回線の普及により、CDが全く売れなくなってしまったのです。アーティストとしてのプライドもありましたが、これまでやったことのないような仕事や、苦手な仕事を無理に引き受けてストレスを抱えるなど、苦しい思いをしました。

音楽を諦めたくない。だからと言って、他の仕事をできる姿もイメージできません。自分の力で生きていく必要があると感じていたのです。そこで、会計やマーケティング、ITなど経営に関するビジネス書を読み漁りました。大前研一学長の本を読んで、BBT大学の存在を知ったのもちょうどその頃です。作曲家という仕事は一般的なビジネスとは異なります。ビジネスとはどういうものなのか、その本質から会計、マーケティング、ITまで音楽以外のことは全てBBT大学で学んだと言っても過言ではありません。

BBT大学でつかんだ「ビジネスも自分の作品」という手応え

ビジネスについて学んでいくうちに、一つの確信めいた手応えがありました。それは「ビジネスも自分の作品」の一部であるということ。音楽の素晴らしさは、聴く人の心に美しさや感動を運ぶことができることです。愛情を注いで作った曲が人の心を動かすように、自分のビジネスで新しい価値を生み出して人の心を動かすこともできるのです。私の目指すべきビジネスが見えた瞬間でした。BBT大学に入学しなければ、作曲家を続けていたら不安で、苦しい毎日を過ごしていたでしょう。BBT大学は、未来を見失っていた私にチャンスを与えてくれた存在です。

経営者という立場ではありますが、今でも自分自身はアーティストだと思っています。夢はこれまでにない、音楽と他の何かを融合させた全く新しい芸術の形を作ること。自分のプラットフォームを通じて世界中のミュージシャンがつながり、独創的で誰も見たことも聞いたこともないような最高傑作が誕生することを夢見ています。

BBT大学でつかんだ「ビジネスも自分の作品」という手応え

ビジネスについて学んでいくうちに、一つの確信めいた手応えがありました。それは「ビジネスも自分の作品」の一部であるということ。音楽の素晴らしさは、聴く人の心に美しさや感動を運ぶことができることです。愛情を注いで作った曲が人の心を動かすように、自分のビジネスで新しい価値を生み出して人の心を動かすこともできるのです。私の目指すべきビジネスが見えた瞬間でした。BBT大学に入学しなければ、作曲家を続けていたら不安で、苦しい毎日を過ごしていたでしょう。BBT大学は、未来を見失っていた私にチャンスを与えてくれた存在です。

経営者という立場ではありますが、今でも自分自身はアーティストだと思っています。夢はこれまでにない、音楽と他の何かを融合させた全く新しい芸術の形を作ること。自分のプラットフォームを通じて世界中のミュージシャンがつながり、独創的で誰も見たことも聞いたこともないような最高傑作が誕生することを夢見ています。

斎藤 喜寛さん
40代 EXDREAM株式会社 代表取締役

1990年代より音楽制作(作曲)に従事。大手レコード会社や、音楽制作会社、フリーランスでの活動を経てBBT大学在学中にEXDREAM株式会社を設立。音楽制作・販売、イベント企画・運営、ウェブサイト運営などを手がける。

斎藤 喜寛さん 40代
EXDREAM株式会社 代表取締役

1990年代より音楽制作(作曲)に従事。大手レコード会社や、音楽制作会社、フリーランスでの活動を経てBBT大学在学中にEXDREAM株式会社を設立。音楽制作・販売、イベント企画・運営、ウェブサイト運営などを手がける。

動画インタビュー

関連ストーリー

プリンタメーカー インド子会社の経営

「良く言えば臨機応援。悪く言えば適当」
インド人スタッフを率いる子会社の代表へ

もっとみる
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket