シリコンバレーで見つけた
自分自身の「will」

田中 秀司さん (20代)
(株)リクルートマネジメントソリューションズ 営業職

田中秀司さんが早稲田大学卒業後に選んだ進路は、周囲とは異なる。いわゆる一般的な「就職活動を行い企業へ就職する」という進路選択に違和感を覚え、BBT大学への入学を選んだ田中さんのターニングポイントを紹介する。

田中秀司さんが早稲田大学卒業後に選んだ進路は、周囲とは異なる。いわゆる一般的な「就職活動を行い企業へ就職する」という進路選択に違和感を覚え、BBT大学への入学を選んだ田中さんのターニングポイントを紹介する。

大学を卒業して、大学に入学するという進路選択

理工系学部出身ということもあり、友人のほとんどが大手メーカーの研究職に就いたり、日本の大学院に進学していました。同じような進路を選ぶことに漠然とした違和感がありましたが、だからと言って、絶対にこれをやりたいという明確な意思があったわけでもありません。むしろ、普通に就職活動をして、普通に働くという卒業後の進路に対して、「こんなものか」という諦めに近い感情を抱いていました。

就職活動をせずに進路について考えていたところ、大学で大前研一学長のスピーチを聞く機会に恵まれました。大前学長の経歴はユニークで、理系出身でありながらグローバルリーダーとして国家レベルのコンサルティングを行う経営コンサルタント。まさに「私もグローバルリーダーとして世界で活躍したい」という強い意志が芽生えた瞬間でした。

シリコンバレーで出会ったもう一人のグローバルリーダー

BBT大学で学びながら、アメリカでの語学留学、インターンシップも経験しました。インターンシップ先に選んだ場所は、半導体産業や大手コンピュータメーカー、ソフトメーカー、ベンチャー企業が多く集まるシリコンバレー。最新のビジネスを肌で感じるためには絶好の場所です。当時、知り合いは全くいませんでしたが、BBTでのネットワークを通じて、様々な業種の経営者の方とお会いすることができました。その中でも、私の価値観に強い影響を与えたグローバルリーダーと一緒に働くことができました。日本人、中国人、アメリカ人…人種を問わずに英語を使って対等にビジネスをし、取引先やパートナーからも認められるその姿を目の当たりにし「自分もこうなりたい」というビジョンができました。

異文化のシャワーを浴びて見つけた「will」という意思決定の基準

2人のグローバルリーダーと出会えたこと、海外で様々な価値観を持った人々と仕事をしたことで、自分自身の「意思決定の基準」が大きく変わりました。BBT大学に入学するまでは、周囲がこうやっているからこうしよう、みんながこうしているからこうやろうという意識決定をしていましたが、長期間の留学を経たあとでは、自分の人生だから、自分がやっていて楽しいこと、好きなことだったらやってみようという意思決定の基準を持つようになりましたね。

仕事をしていれば、日常のあらゆる場面で様々な課題に直面します。そこでは、数ある選択肢の中からできるだけ優れた選択肢を取らなければなりません。選ぶ選択肢に正解はないからこそ、自分が楽しい、やりたいと思った「will」を持って判断するという意思決定の基準を見つけることができました。現在は、リクルートマネジメントソリューションズに新卒で入社し、企業の人材育成や組織課題の解決に関わっています。一緒に働くメンバーは、一人ひとりが仕事を通じて実現したいwillを持っている方ばかりで、日々、仕事を進めていると常に「お前はどうしたい?」と自分の意思を問われることも。「自分はこうしたい」と強いwillを持って仕事を楽しんでいきたいです。

異文化のシャワーを浴びて見つけた「will」という意思決定の基準

2人のグローバルリーダーと出会えたこと、海外で様々な価値観を持った人々と仕事をしたことで、自分自身の「意思決定の基準」が大きく変わりました。BBT大学に入学するまでは、周囲がこうやっているからこうしよう、みんながこうしているからこうやろうという意識決定をしていましたが、長期間の留学を経たあとでは、自分の人生だから、自分がやっていて楽しいこと、好きなことだったらやってみようという意思決定の基準を持つようになりましたね。

仕事をしていれば、日常のあらゆる場面で様々な課題に直面します。そこでは、数ある選択肢の中からできるだけ優れた選択肢を取らなければなりません。選ぶ選択肢に正解はないからこそ、自分が楽しい、やりたいと思った「will」を持って判断するという意思決定の基準を見つけることができました。現在は、リクルートマネジメントソリューションズに新卒で入社し、企業の人材育成と採用に関わっています。一緒に働くメンバーは、一人ひとりが仕事を通じて実現したいwillを持っている方ばかりで、日々、仕事を進めていると常に「お前はどうしたい?」と自分の意思を問われることも。「自分はこうしたい」と強いwillを持って仕事を楽しんでいきたいです。

田中秀司さん
20代 (株)リクルートマネジメントソリューションズ 営業職

早稲田大学先進理工学部を卒業後、就職をせずにBBT大学へ入学。在学中にアメリカへ語学留学し、スタートアップ企業でインターンシップを経験。帰国後、(株)リクルートマネジメントソリューションズに新卒入社し、現在は営業職として企業の人材育成や組織課題の解決をサポートする。

田中 秀司さん 20代
(株)リクルートマネジメントソリューションズ 営業職

早稲田大学先進理工学部を卒業後、就職をせずにBBT大学へ入学。在学中にアメリカへ語学留学し、スタートアップ企業でインターンシップを経験。帰国後、(株)リクルートマネジメントソリューションズに新卒入社し、現在は営業職として企業の人材育成や組織課題の解決をサポートする。

動画インタビュー

関連ストーリー

情報・通信業 会社員

エンジニアからコンサルタントへ
肩書きや仕事の領域を超えるキャリアを

もっとみる

IT業界 エンジニア

高校3年生で経営を学ぶために就職活動
「経験ベース」で切り開いた進路

もっとみる

PR会社 営業

「やりたいことは全部やれ!」
有名私立大学を中退して見つけた本当にやりたいこと

もっとみる
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket