BBT大学トップ > 学生生活 > 各地で活躍するBBT大学生
各地で活躍するBBT大学生

「世界がフィールド」を現実にするBBT大学

「どこにいても、学びを通じて人生は変えられる」 日本中、世界中で日々頑張るBBT大学生たち。 BBT大学専用のプラットフォームAirCampus®を使えば、 その地に留まりながら、「学びを通じて人生を変える」ことが可能になります。 また志を同じくする学生たちは、どんなに遠くにいても濃密な人間関係を築くことができています。 そのつながりは、その後のビジネスにも役立ち、お互いの人生にも深い影響を与えあう、価値あるものとなるでしょう。 世界中がキャンパスになる。世界中をビジネスフィールドにする。 BBT大学生のリアルな姿を是非ご覧ください。

「どこにいても、学びを通じて人生は変えられる」 日本中、世界中で日々頑張るBBT大学生たち。 BBT大学専用のプラットフォームAirCampus®を使えば、 その地に留まりながら、「学びを通じて人生を変える」ことが可能になります。 また志を同じくする学生たちは、どんなに遠くにいても濃密な人間関係を築くことができています。 そのつながりは、その後のビジネスにも役立ち、お互いの人生にも深い影響を与えあう、価値あるものとなるでしょう。 世界中がキャンパスになる。世界中をビジネスフィールドにする。 BBT大学生のリアルな姿を是非ご覧ください。

世界地図
  • ボストン

    ボストンでラーメン店を経営しながらBBTで学ぶ。世界中に夢を語れる仲間を作りたい

    ボストンでラーメン店を経営しながらBBTで学ぶ。世界中に夢を語れる仲間を作りたい

    西岡 津世志さん(グローバル経営学科   / 「Yume Wo Katare」プロジェクトリーダー・30代 )

    西岡 津世志さん(グローバル経営学科 / 「Yume Wo Katare」プロジェクトリーダー・30代 ) 

    今はアメリカ、ボストンで「Yume Wo Katare」というラーメン店を経営しています。というか、ラーメン店という形態になっていますが、これは「Yume Wo Katare」プロジェクトの活動の一環で、夢を語る場を今はラーメン店という形で提供している、という方が正しいかもしれません。そもそものはじまりは、高校を卒業してから上京し、お笑い芸人としてライブ活動等を行っていた時に出会った一杯のラーメンでした。

    西岡 津世志さん
    詳しく見る
  • スロベニア

    グローバル環境でも戦えるメソッドをBBT大学で学ぶスロベニアの寿司職人

    グローバル環境でも戦えるメソッドをBBT大学で学ぶスロベニアの寿司職人

    石川 洋喜さん(グローバル経営学科 /  スロベニアの日本料理店料理長・30代 )

    石川 洋喜さん(グローバル経営学科 / スロベニアの日本料理店料理長・30代 )

    現在、在スロベニア5年半超になります。私がスロベニアに来た時、国内に日本料理店は1軒だけだったのですが、現在は競合店も増え、アジア食材店が出来るなど、日本料理やアジア料理の裾野が広がっています。私が料理長を務める日本料理店においては、こちらのガイドブックの投票で「WORLD CUISINE部門」の1位を2年連続で頂けるようになりました。

    石川 洋喜さん
    詳しく見る
  • 台北

    複数の飲食店を経営。世界中の都市が候補になり得ると気づかせてくれたBBT大学

    複数の飲食店を経営。世界中の都市が候補になり得ると気づかせてくれたBBT大学

    百田行宏さん(グローバル経営学科 /  飲食店経営・30代 )

    百田行宏さん(グローバル経営学科 / 飲食店経営・30代 )

    沖縄で頭打ちになったら福岡や東京に進出するというのが一つのセオリーみたいになっているところがあるのですが、そういう考え方をする自分がいかに常識に縛られているかに気付かされました。以前は海外進出など頭の片隅にもなかったのに、常識を外し色々な都市を比較検討した上で結果的に次の場所として台北を選んだことに自分でも少し驚いています。

    百田行宏さん
    詳しく見る
  • フィリピン

    BBT大学の海外現地研修での成功体験がきっかけで、とにかく動ける自分になれた

    BBT大学の海外現地研修での成功体験がきっかけで、とにかく動ける自分になれた

    田中 慎一さん( ITソリューション学科/フィリピン留学Hub留学案内士・30代 )

    田中 慎一さん( ITソリューション学科/フィリピン留学Hub留学案内士・30代 )

    今は熊本を拠点にしながらフィリピン留学の案内業を行っています。この仕事は、BBT大学の授業で作った事業計画書がきっかけとなって始めたものになります。もともと、地元熊本でメーカーに勤務しておりましたが、いずれ自分で事業を起こしたいという気持ちを持っており、30歳になったあたりから夢に向かって具体的に動き始めました。

    田中 慎一さん
    詳しく見る
  • 網走

    日本の未来のあり方、幸せの形を故郷網走で探すため、BBT大学で経営を学ぶ

    日本の未来のあり方、幸せの形を故郷網走で探すため、BBT大学で経営を学ぶ

    新木 大助さん( グローバル経営学科/大家業兼起業準備中・40代 )

    新木 大助さん( グローバル経営学科/大家業兼起業準備中・40代 )

    都会で必要以上に苦労を強いられながら働く若い人たちに、田舎で暮らすという選択肢もある事を示したいという思いに行き着きました。ビジネス系の本や雑誌を読んでいると、BBT大学の広告が目に入ってきました。自分としても、どこから手を付けていいのかわからないというのが正直な気持ちでしたので、体系的に学べる場所があるというのは非常に魅力を感じましたし、「経営」・「起業」という言葉にも惹かれました。

    新木 大助さん
    詳しく見る
  • 奈良

    海外からの注文を断っていた自分が、今は海外進出を検討するまでに

    海外からの注文を断っていた自分が、今は海外進出を検討するまでに

    上村綱佑さん(ITソリューション学科/食品メーカー経営・30代)

    上村綱佑さん(ITソリューション学科/食品メーカー経営・30代)

    もともと高校卒業後、鉄道会社に入社し、乗務員や駅員をやっていました。しかしこのままオペレーション業務で人生を終えて良いのか疑問を持つようになり、4年目、22歳のときに退職して、父が立ち上げて運営していた会社に誘われて就職、父と共同で経営にあたりました。

    上村綱佑さん
    詳しく見る
  • 秋田

    地方勤務の理系専門職経営の知識をプラスすることで仕事の幅が広がった

    地方勤務の理系専門職経営の知識をプラスすることで仕事の幅が広がった

    宮澤 喜一さん(グローバル経営学科卒/大手電子部品メーカー勤務・20代) 

    宮澤 喜一さん(グローバル経営学科卒/大手電子部品メーカー勤務・20代) 

    私は社会人1年目でBBT大学に入って、4年で卒業しました。理系の大学院を卒業して国内大手電子部品メーカーに就職したものの、リーマンショック直後だったこともあり、実力を付けないと今後生き残れないという不安な気持ちを常に持ち続けていました。率直に言うと、「会社をクビになるのが怖かった」というのが勉強しようと思った直接の動機です。

    宮澤 喜一さん
    詳しく見る
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket