ニュース

プレスリリース

ニュース

BBT大学トップ > プレスリリース > 谷中修吾先生の著書『最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則』が発売されます

谷中修吾先生の著書『最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則』が発売されます

2019年08月23日

 
ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)経営学部グローバル経営学科 学科長・教授の谷中先生が、日本経済新聞出版社より、『最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則』を発刊します。
 
本書は谷中先生が15年前に青森県の三内丸山遺跡で縄文に出会い、1万年を超える縄文時代の叡智をビジネスに生かすというインスピレーションを得て、縄文と弥生の二項対立フレームワークとして体系化した本です。
 
その本質はイノベーションを生み出す「ビジネス論」であり、働き方を変える「キャリア論」であり、新しい生き方をつかむ「実践哲学」です。
 
BBT大学で谷中先生が教鞭を執る人気科目『マーケティング基礎』の最大の特徴である、ロジカル×クリエイティブの思考法の源には、なんと縄文があった!?
新規事業や新規プロジェクトを立ち上げたいと考えている方には、目からウロコのノウハウが詰まっています。
BBT大学の教授ならではの“突き抜けた”実践論で、イノベーターの思考回路をイントールしましょう!
 
発刊前の予約段階で、Amazon「歴史に学ぶビジネス」1位を獲得!
8/26の週より、順次、全国各地の書店に並びます。
Amazonをはじめ、主要なオンライン書店もご購入頂けます。
 
▼【出版のご挨拶】最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則|谷中修吾オフィシャルサイト
 
▼アマゾンで購入する

■著書の内容

[Amazonより抜粋]

新しいビジネスを生み出す
イノベーターたちが実践している「秘密」を解くカギは、
縄文時代にあった—————。
 
◎ロジカルには導き出されないビジネスチャンスが生まれる
◎競合他社が協力パートナーに変わる
◎ビジネスがどんどんクリエイティブになる
◎完璧なタイミングで次々と商談が生まれる
 
KPI、PDCA、ROI…… なぜ、違和感を覚えるのか。
モヤモヤを解消し、イノベーターたちの思考回路をインストール!
 
経営の観点から、日本の歴史を遡ると、
現代のような管理型経営の原型は、水稲農耕が始まった弥生時代に見出されます。
 
コメの収穫量の目標を立て、その達成に向けて緻密に管理していく経営手法は、
現代の企業経営そのものです。
 
【弥生型ビジネス】
・ビジネスプランを作って計画的に動く(計画的)
・競合他社との差別化で比較優位を築く(競争的)
・ルールに従って正確に業務を遂行する(コンプライアンス)
・投資に見合うリターンを回収する(期待オリエンテッド)
 
ところが、さらに歴史を遡ると、
弥生時代に先立って1万年以上も続いた縄文時代に、
まったく別次元のビジネスのあり方を導き出すヒントが隠されていたのです。
 
【縄文型ビジネス】
・ビジネスモデルを持って直感的に動く(直感的)
・全てのステークホルダーと協業する(協調的)
・既成概念にとらわれず新しい価値を創造する(フリーダム)
・ご縁とともにビジネスを紡ぐ(感謝オリエンテッド)
 
本書は、縄文経営に基づく「縄文型ビジネス」を実践することで、
経営に「イノベーションを生み出す4つの原則」を体系化しました。
 
原則(1) 事業計画を手放す(計画的→直感的)
原則(2) 他社との競争から脱却する(競争的→協調的)
原則(3) コンプライアンス偏重を見直す(コンプライアンス→フリーダム)
原則(4) リターンへの期待をやめる(期待オリエンテッド→感謝オリエンテッド)
 
イノベーターの思考で行動するようになり、
ビジネスの現場でもっと自由にワクワクする仕事ができるようになる!
 
ビジネススクール(MBA)で教鞭を執るビジネスプロデューサーの著者が、
ビジネスの現場ですぐに活用できる実践論に仕上げました。
 
縄文時代の叡智をビジネスに生かしてイノベーションを実現する、
最強の縄文型ビジネスへようこそ。

■目次

序章 縄文人が現代人をインスパイア
・行き詰まる現代の管理型経営
 ーKPI、PDCA、ROI…… なぜ違和感を覚えるのか?
 ー管理型経営だけでは生き残れない
・イノベーションの鍵は縄文にあり
 ー富を吸い上げる社会構造からの脱却
 
第1章 縄文時代の叡智をビジネスに生かす
・知られざる縄文の叡智
・縄文と弥生の二項対立フレームワーク
・直感的 vs 計画的 ——ロジカルには導き出されないビジネスチャンスが生まれる
・協調的 vs 競争的 ——競合他社が協力パートナーに変わる
・フリーダム vs コンプライアンス ——ビジネスがどんどんクリエイティブになる
・感謝オリエンテッド vs 期待オリエンテッド ——完璧なタイミングで次々と商談が広がる
・イノベーションを生み出す縄文型ビジネス
 
第2章 事業計画を手放す
・目標必達という呪縛を解く
・なぜ「直感的な」経営者が存在するのか
・最強にサステイナブルなビジネス原理
・ビジネスモデルに習熟せよ 利益を生み出すビジネスモデル8選
・事業計画を手放す3つのステップ
 
第3章 他社との競争から脱却する
・競合他社との差別化という呪縛を解く
・「協調」で売上・利益を伸ばすという選択
・協調関係でビジネスが広がる仕組み
・オープンイノベーションを実現する3つの心得
 
第4章 コンプライアンス偏重を見直す
・ルールだらけの呪縛を解く
・アイデア先行でロジックは後づけ
・常識からハミ出すソーシャルイノベーターたちの最新動向
・突き抜けたアイデアを生み出す方法
 
第5章 リターンへの期待をやめる
・ビジネスを歪ませる期待という呪縛を解く
・「ご縁」でビジネスの成長は加速する
・完璧なタイミングで商談が舞い込むメカニズム
・ご縁とともにビジネスを紡ぐ3つの心得
 
第6章 縄文×弥生のツインドライブ
・バランスを取り戻すべき時が来た
・2つのエンジンを同時に起動するツインドライブ
・資本主義社会を超越することはできるのか
・人間としての成熟度が求められる時代へ 

■著者プロフィール

谷中 修吾(やなか・しゅうご)
 
BBT大学 経営学部グローバル経営学科 学科長・教授、BBT大学大学院MBA 教授。ビジネスプロデューサー/クリエイティブディレクター。
静岡県湖西市出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修了。
3歳からマリンバ演奏で舞台経験を重ね、様々な創作表現活動に従事する。外資・戦略コンサルティングファーム Booz Allen Hamilton にて、政府機関・民間企業の戦略立案・実行支援を経て現職。
マーケティング技法を駆使した事業開発を専門とし、地方創生まちづくりのビジネスデザインを数多く手がける。国内最大級の地方創生イノベータープラットフォーム「INSPIRE」を立ち上げ、超絶まちづくりの集合知を社会にシェアする取組を展開。内閣府「地方創生カレッジ」講師を務め、受講者満足度No.1を獲得。環境省「グッドライフアワード」総合プロデューサー、東京都「東京ベイエリアビジョン」官民連携チームメンバーなどを歴任。世界30ヶ国を遍歴し、国内外の地域創生に専門知見を持つ。
ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)では、マーケティング/スタートアップ系科目の教鞭を執る。

■書籍のご購入

『最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則』は、8/26の週より、順次、全国各地の書店に並ぶ予定です。また、Amazonをはじめ、主要なオンライン書店もご活用いただけます。

◎アマゾンで購入

 
書店でご購入いただけますと、店頭での陳列期間が確保されることから、多くの皆様に「縄文型ビジネス」を知っていただく機会が増えるそうです。
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket