BBT大学トップ > 入学案内 > 単科生制度 > 問題解決基礎1

問題解決基礎1

科目概要

仕事や人生の問題解決に役立つ「思考方法(手順と型)」と「実行方法(27のドリル)」の両面を学ぶ。

目的とゴール

前半 : 問題解決思考入門トレーニング

目的 : 問題解決の「手順」と「型」を練習し、問題解決の思考回路をつくる。

ゴール: 問題解決の「手順」と「型」を使って、仕事や人生の問題が考えられる。

後半 : 問題解決思考実行トレーニング。

目的 : 問題解決の「実行ドリル」を練習し、実行癖をつける。

ゴール: 「実行ドリル」を仕事や人生の問題解決に取り入れ、まずは個人で、さらには組織で実行できるようになる。

こんな人におすすめ

プライベートや仕事など、様々な場面で起こる問題を解決するための思考プロセスを学びたい方。

受講生の声

  • 講師が自身の実体験を交えて説明してくれるので、とても理解し易かった。
  • ワークを通じて反復と実践が行えるような構成になっており、学習がスムーズだった。
  • 講義ごとに理解度確認のテストが用意されており、知識の定着に役立った。

教員紹介

冨岡 武

ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 講師

Will & Skills ファシリテーター
筑波大学 第一学群社会学類卒業。BBT大学大学院 第4期卒業。

大手製造業、外資系コンサルティング会社を経て独立。
「KY(答えを読む)からKT(答えを創る)」をコンセプトに、「自分(たち)で考え抜き、自分(たち)ならではの答えを創る」問題解決研修/プロジェクトを数多くファシリテートしている。

共著「ファシリテーション ー 実践から学ぶスキルとこころ」岩波書店 など
趣味は、答えのない写真、ゼロからのトライアスロン、海外ロードバイク・パッカー

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket