BBT大学トップ > 大学案内 > オンライン大学の学習スタイル

オンライン大学の学習スタイル

Learning styles of the online university

日本ではまだ聞きなれない「オンライン大学」という言葉。国内ではBBT大学を含めてまだ数校しか存在していません。

しかし、アメリカでは主要校だけでも20校以上、韓国でも10万人以上が学んでいる方法です。インターネット環境とPCやスマートフォンさえあれば、いつでもどこでも学べるのが特徴。早朝、昼休み、仕事後など、自分の好きな場所と時間に学習することができます。

Style 1100%オンラインの大学

通常の通信制大学では、通信教材による学習に加えて、年に数回スクリーングという対面講義を受講するために、大学に出向く必要があります。

しかし、BBT大学では、講義、ディスカッション、グループワーク、テストや試験まで、全てオンライン受けることが可能なため、忙しい社会人や海外在住の方でも学ぶことができます。

Style 2オンラインでの双方向コミュニケーション

BBT大学の講義は、一般的なeラーニングと異なり、動画映像を見て終わりではありません。講義映像を視聴した後に、その内容に関して、学生、先生、ラーニングアドバイザー(LA)の三者でディスカッションを行うことで、自分の意見をまとめ、他人の考えに触れ、より学ぶが深まる仕組みとなっています。

また、講義以外でも「学生サロン」というオンラインでの交流の場が用意されていますので、学生同士で質問をし合ったり、イベントを企画したりなど、学生間の交流も盛んに行われています。

Style 3iPhoneやiPadなどのスマートフォン、タブレットでも受講可能

BBT大学は、PCだけでなく、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレット端末でも受講可能です。

在学生の多くも、通勤時間やお昼休みなど、すきま時間を活用しながら学んでいます。

Style 4オンラインだけじゃない!リアルでの学びの場

BBT大学は、オンラインだけで完結する大学ではありますが、さらに学ぶ意欲のある方には、リアルでの学びの場も多く提供しています。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket