BBT大学トップ > 学生生活 > 編入生の声

編入生の声

編入学とは、2年次または3年次からBBT大学に入学する制度です。
2年次から入学した場合は最短で3年間、3年次から入学した場合は最短で2年間でBBT大学を卒業可能となります。

では、編入学した場合、どのような学生生活が待っているのでしょうか。
ここでは、編入生達の声を紹介します。
※編入生の募集要項は、編入生募集要項を確認してください。

諏訪 光さん(20代・男性)

元々持っていたITに関する知識に加えて、経営に関しても効率的に身に着けることができました。

  • 編入年次:2年次編入
  • 入学時の認定単位数:32単位
  • 学習時間:週に12〜20時間程度
  • 出身学校:専門学校(IT系)

メッセージ

私はITの専門学校を卒業しており、また社会人としてもインターネット業界に属してきたのですが、今後はITだけでなく経営に関する知識も活用し、新しいサービス、事業をインターネット事業で作りたいと思っていました。
編入学という形でBBT大学に入学し、ITに関することは既存の知識がありましたので応用部分を学びつつ、効率的に経営に関する知見を深めることができました。
4年間という部分がハードルになる方も仕事などで身についている既存の知識に加えて、学びたいことをスピーディーに学ぶことができると思います。

成清 佑平さん(20代・男性)

基本の座学からフィールドワークなど通じてたくさんのことを学ぶことができ、充実した大学生活を送ることができました。

  • 編入年次:2年次編入
  • 入学時の認定単位数:27単位
  • 学習時間:週に20時間程度
  • 出身学校:4年制大学(環境都市工学部)

メッセージ

もともとは関西にある大学で建築を勉強していましたが、動画投稿サイトに出てきた大前学長の広告をクリックしたことが人生の岐路となりました。その頃、ちょうど大学の建築の授業にモチベーションを維持できず、卒業後の進路に漠然とした不安を感じていましたが、もっと面白いことが学べるかもしれないと思いすぐに編入を決意しました。
大学の授業では、さまざまなバックグラウンドを持つ同級生が存在する“異様”な空間で多くの学びを得ることができました。
また、オンライン大学という特性も生かし、海外留学や長期でのインターンシップなども経験することができ、入学前には考えていなかったような充実した大学生活を送ることができました。

新井 譜人さん(20代・男性)

日々の学習計画をしっかり立てることで、仕事・趣味の時間をあまり犠牲にすることなく学習を進めることができています。

  • 編入年次:3年次編入
  • 入学時の認定単位数:61単位
  • 学習時間:週に24時間程度
  • 出身学校:4年制大学(経済学部)

メッセージ

これからの答えのない時代を考えた時、自ら考える思考力そしてITへの理解が不可欠と考え、新卒入社2年目を境にBBT大学に入学しました。私が3年次編入を選んだのは、より短期間で学びを集中させ、自分の成長を加速させたかったからです。
入学して1年が経過した今、ITへの理解も深まったほか、自分が将来どんな仕事で社会を変えたいのか自ら思考して考える習慣が身についたと思います。編入学の場合、学習についていけるかという不安が私自身ありましたが、日々の学習計画をしっかり立てることで、仕事・趣味の時間を犠牲にすることなく学習を進めることができています。

仲井 静音さん(30代・女性)

習得済みだった英語の講義を入学時に単位認定できたため、興味のある講義だけに専念することができました。

  • 編入年次:3年次編入
  • 入学時の認定単位数:62単位
  • 学習時間:週に10時間程度
  • 出身学校:4年制大学(外国語学部)

メッセージ

自分自身をブラッシュアップしたいと思い、BBT大学への入学を決意しました。
私は、日本の企業を退職し、現在チリの企業で管理職をしています。環境も文化も違う中で人をまとめていく過程において、自分自身が感じながら試行錯誤して実行してきたことが、BBT大学の講義を通じてその答え合わせができている実感があります。
グローバル人材育成を目指すBBT大学の講義は、自分がまさにその舞台で経験している場面ですぐに応用できることも多く、常にその意識をもって受講と仕事を両立できていると思います。
編入ということでついていけるか不安でしたが、逆に以前卒業した大学で習得済みだった英語の講義を入学時に単位認定できたため、自分が興味のある講義だけに専念することができ、正解だったと思います。

編入生募集要項
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket