BBT大学トップ > 入学案内 > 編入生募集要項

編入生募集要項

Guidelines for applicants

編入学とは、BBT大学のカリキュラムを最短2年間で卒業可能な入学制度です。
BBT大学では1年次から学習するカリキュラムを基本としているため、本科入学を推奨しております。

本科生募集事項

主な対象:高校・中等教育学校卒業、高校認定合格、外国における12年課程修了者

編入生募集要項

主な対象:大学(外国の大学含む)、短期大学、高等専門学校、専修学校・専門課程をご卒業の方

編入学出願対象

下記いずれかに該当する方は、2年次または3年次編入にてご出願可能です。

  対象項目 2年次 3年次
四年制大学
(外国の四年制大学を含む)
  • 卒業者
  • 卒業見込み者
  • 在学者(1年以上在学かつ32単位以上修得)
  • 在学者(2年以上在学かつ62単位以上修得)
  • 中退者(32単位以上修得)
  • 中退者(62単位以上修得)
短期大学・高等専門学校
(外国の短期大学を含む)
  • 卒業者
  • 卒業見込み者
  • 在学者(1年以上在学かつ32単位以上修得)
  • 在学者(2年以上在学かつ62単位以上修得)
  • 中退者(32単位以上修得)
  • 中退者(62単位以上修得)
高等専門学校
(外国の高等専門学校を除く)
  • 卒業者
  • 卒業見込み者
専修学校 専門課程
(外国の専修学校を除く)
  • 修了者(修業年限2年以上かつ総授業時間数1700時間以上)
  • 修了見込者
高等学校の専攻科
(外国の高等学校を除く)
  • 卒業者(施行規則第100条第2号)
  • 卒業見込み者
その他
  • 大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者
  • 大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与される見込みの者

カリキュラム

科目

※2、3年からスタートしても、自分の年次以下の(1、2年)科目を履修可能

1年次

基礎固め(前半)

  • 企業論入門
  • マーケティング基礎
  • グローバルリーダーのための教養Ⅰ
  • IT学習入門
  • 問題解決基礎1
  • English Communication1,2
    等・・ に加え
  • 大前学長科目

2年次

基礎固め(後半)

  • Webマーケティング
  • 財務会計
  • 組織変革のファシリテーション
  • スタートアップ事例研究
  • スマホプログラミング
  • English Communication3,4
    等・・ に加え
  • 大前学長科目

3年次

応用、実践

  • マーケティング実践
  • リーン事業創造実践
  • 財務1,2
  • 新興国ビジネス概論
  • オープンソース概論
  • プロジェクト学習
  • 問題解決基礎2
  • Business English Communication1,2
    等・・ に加え
  • 大前学長科目

4年次

総合、まとめ

  • 卒業研究
  • ベンチャーファイナンス
  • 事業創造とビジネスプランニング
  • 経営とシステム企画
  • 問題解決応用1,2
  • Business English Communication3,4
    等・・ に加え
  • 大前学長科目

募集要項

年間募集定員(編入生)

グローバル経営学科 60名(春期40名、秋期20名)
ITソリューション学科 30名(春期20名、秋期10名)

出願資格 2018(平成30)年度春期入学<4月入学>

  • 下記「「(卒業・修了・合格・修得・授与)見込み者」は、2018(平成30)年3月31日までの見込み者であること

●編入学(2年次入学)

下記いずれかに該当するもの、ただし、入試結果により2年次編入(転入)は不合格だが、本科(1年次)に合格となる場合がある。

  1. 四年制大学、短期大学(外国の四年制大学・短期大学を含む)、高等専門学校を卒業した者、卒業見込み者
  2. 四年制大学、短期大学(外国の四年制大学・短期大学を含む)に1年以上在学かつ32単位以上修得した者、見込み者
  3. 専修学校の専門課程(修業年限が2年以上で総授業時間数が1,700時間以上または62単位以上であるものに限る)修了者、修了見込み者
  4. 高等学校の専攻科の課程を修了した者、修了見込み者(施行規則第100条第2号)
  5. 大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者、および授与される見込みの者

※「2年次入学(編入学・転入学)」の出願資格2において、外国の四年制大学・短期大学を「在学・中退」している場合は、出願前に個別の出願資格審査を受けてください。

●編入学(3年次入学)

下記いずれかに該当するもの、ただし、入試結果および既修得単位認定結果により、3年次編入(転入)は不合格だが、2年次編入(転入)あるいは本科(1年次)に合格となる場合がある。

  1. 四年制大学、短期大学(外国の四年制大学・短期大学を含む)、高等専門学校を卒業した者、卒業見込み者
  2. 四年制大学、短期大学(外国の四年制大学・短期大学を含む)に1年以上在学かつ62単位以上修得した者、見込み者
  3. 専修学校の専門課程(修業年限が2年以上で総授業時間数が1,700時間以上または62単位以上であるものに限る)修了者、修了見込み者
  4. 高等学校の専攻科の課程を修了した者、修了見込み者(施行規則第100条第2号)
  5. 大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者、および授与される見込みの者

※「3年次入学(編入学・転入学)」の出願資格2において、外国の四年制大学・短期大学を「在学・中退」している場合は、出願前に個別の出願資格審査を受けてください。

出願にあたってのご注意

(1)出願および出願書類等について

  • 同じ入学期内に、複数回の出願はできません。
  • 入学検定料納入後は、出願区分および学科変更は原則認められません。
  • 出願書類および入学検定料については、理由の如何に関わらず返還いたしません。
  • 出願書類一式は「書類審査」に関わります。不備のないよう、提出期限までに必着するようにしてください。
  • 出願書類・入学手続き書類に虚偽の内容が認められた場合は、合格・入学許可を取り消す場合があります。

(2)二重学籍について

  • 本学以外に短期大学・大学・大学院・専修学校専門課程に在籍中(もしくは在籍予定)の場合、在籍中(もしくは在籍予定)の学校が他校との二重学籍を認めていない場合があります。あらかじめご確認ください。
  • 入学後は、本学オープンカレッジや株式会社ビジネス・ブレークスルーが提供している他プログラムとの並行受講は原則認められません(学部修士一貫教育プログラムを除く)。出願時点でプログラムを受講中の方は、出願前にご相談ください。

(3)学習に必要なスキル等の事前取得について

学習や履修登録等手続きにあたっては、下記スキルを取得していることを前提とします。

パソコンスキル
  • PC上のファイルやEメールを扱うことができる。
    • タイピングができ、テキストの編集やコピー&ペーストができる
    • 作成したファイルの保存先を指定したり、ファイル名を変更することができる
    • 添付ファイルを送受信できる
  • インターネットブラウザにて情報検索ができる
    • インターネット上のファイルのダウンロードができる
  • 授業では、Microsoft Word、Excel、PowerPointを使用します
    初心者の方は、入学前にマイクロソフト「Office トレーニング センター」(無料)などでPCスキルの向上を推奨します
    http://bit.ly/2xm8GKN
英語力 高校卒業程度の英語レベルを求めますが、本学では英語レベルに自信がない方には、「Essential シリーズ」として4技能(読む・書く・話す・聞く)の英語力を高める選択科目があります。

※日本語力について
本学の授業は原則日本語で行います。母語が日本語でない場合、授業を履修する上で支障のない日本語能力(日本語能力試験(N1)程度)が必要です。書類審査・面接の内容をふまえ、入試面接後に別途、日本語能力を測るための個別審査試験を実施する場合があります。

(4)受験および就学における配慮

病気・負傷や身体の機能等の障害により、受験・就学に際して特別な配慮を希望する場合は、以下3点を出願手続き前に必ずメール(bbtuinfo@ohmae.ac.jp)にて入試係へご連絡ください。

  • 障がいの種類・程度
  • 受験及び学習において配慮を希望する事項
  • 出身校でとられていた配慮等

(5)外国籍の方の出願について

本学は通信制の大学のため、在留資格および留学生ビザを取得できません。

出願資格を証明する書類

2年次編入(転入)

3年次編入(転入)
大学 卒業
短期大学 卒業
高等専門学校 卒業
1と2の両方
  1. 卒業証明書
  2. 成績証明書
専修学校 専門課程 卒業 本学指定の「専修学校専門課程(専門学校)」卒業・成績証明書(下記pdfダウンロード)提出
高等学校 専攻科 修了 1と2の両方
  1. 修了証明書
  2. 成績証明書
大学・短期大学 在学 1と2の両方
  1. 以下のa, bのいずれか
    a 在学証明書
    b 在籍期間証明書または退学証明書
  2. 成績証明書
    ・2年次編入(転入):32単位以上修得
    ・3年次編入(転入):62単位以上修得
大学・短期大学 中退 1と2の両方
  1. 在籍期間証明書または退学証明書
  2. 成績証明書
    ・2年次編入(転入):32単位以上修得
    ・3年次編入(転入):62単位以上修得

単位認定制度(既修得単位認定制度、みなし単位認定制度)

BBT大学では、「既修得単位認定」「みなし単位認定」の各制度を導入しています。認定を希望する方は、出願時に必要書類を提出してください。両制度による認定単位の上限数は、本科および2年次編入は48単位、3年次編入は62単位です。上限単位数を超えて申請できますが、本学で審査の上、認定可能な単位数内でのみ認定します。

既修得単位認定制度

他の大学、短期大学、高等専門学校、専修学校専門課程、高等学校専攻科で、本学入学前に修得した単位を、本学科目の履修により修得したものと認定します。申請は「入学時の1回のみ」受け付けます( 編入出願者は、必ず提出)。

みなし単位認定制度

学外で取得した資格や検定試験の成績が基準に達している場合には、授業科目の履修とみなし、単位を認定します。申請は入学時に受け付けますが、入学後も申請可能です。

募集要項のダウンロード

募集要項のデータをダウンロード頂けます。
(高校調査書、卒業証明書・成績証明書等は、別途ご出身校から取り寄せて下さい)

2018年度春期生(4月入学)10月19日出願受付開始

出願手続きをする

入学金・授業料

卒業までにかかる費用の目安(両学科共通、修業年限で卒業する場合)

※2018年10月現在

  本科 2年次編入 3年次編入
入学金 31万5,000円 31万5,000円 31万5,000円
システム利用料 48万円(4年間) 36万円(3年間) 24万円(2年間)
授業料 294万円(4年間) 220万5,000円(3年間) 147万円(2年間)
合計 373万円5,000円 288万円 202万5,000円
  • 上記には教材費、インターネット接続機器、プロバイダー料金および通信費等は含みません。
  • 在籍中に学費が改定された場合は、改定時から新たな学費が適用されます。
  • 単位修得できなかった科目を再度履修する場合の再履修費(1単位につき2,000円)は別途納入いただきます。

奨学金・早期卒業制度、教育ローン

奨学金・早期卒業制度

BBT大学では、
(1)優秀な成績を収めることで、学費を軽減できる「成績優秀者奨学金」「早期卒業制度」
(2)起業する学生に向けた独自の起業支援制度として「起業支援機関BIC」「背中をポンと押すファンド」
を実施しています。

教育ローン

BBT大学では(1)国の教育ローン(日本政策金融公庫)と(2)民間の教育ローン(ジャックス、オリコ、セディナ)をご利用いただけます(その他一般の民間金融機関の教育ローンもご利用可能です)。手続き等のご不明点は、BBT大学入試係にお問合せください(審査結果等については各機関にお問合せください)。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket