BBT大学トップ > 入学案内 > 単科生制度 > Business English Basics

Business English Basics

科目概要

英文Eメールの書き方やプレゼン、ディスカッションなど、仕事で使える実践的なビジネス英語の基本を学習する。

目的とゴール

仕事で英語を使うために要求される、実践的なビジネス英語の基本の習得を目指す。
講義では、メモ・議事録・メール・手紙の書き方、プレゼン・討論・議論・交渉の進め方、電話連絡・会議参加の手順などを扱い、それぞれの場面にふさわしいフォーマットと表現を学習していく。自信を持って仕事で英語を使うための「心構え」と「具体的技術」を身につけることができる。

こんな人におすすめ

今後、仕事で英語を使いたいと思っている方や、現在の仕事でより自身をもって英語を使いこなしたい方。

受講生の声

  • 実際のビジネスで必要となる要素が多く、今後の仕事の中で活かしたいです。
  • 課題をこなせばビジネス文書作成が可能になる構成で、英語力が向上しました。
  • 文化的な側面でのものの考え方や、好まれる振る舞いなどの説明が興味深かった。

教員紹介

竹村 和浩

経営学部 グローバル経営学科 専任講師

㈱ユニバーサル・エデュケーション代表取締役。「発音の学校」主宰。立教大学文学部英米文学科卒。
東京都立高校にて6年間英語教諭として教壇に立つ。 その後、(株)公文教育研究会・総合企画室情報システム開発・海外事業部担当等を経て、1995年に独立。TLL言語研究所を設立(2016年5月から現在の社名に改称)。 この間、日本人のための英語音声指導法、EVT:English Voice Training、生成英語教則GEM:Generative English Method等を開発。 全国でビジネスパーソン、英語教師向け英語研修、MBA社内派遣英語研修、親子英語セミナーなどを実施し、日本人の英語力向上のための活動に従事している。企業顧問としても活動し、個人の国際化と、企業戦略策定にも手腕を発揮している。
専門は英語発音矯正とビジネス英語。英検1級・英語通訳案内士取得。現在、リクルート社AllAbout「ビジネス英会話」のオフィシャルガイド、GJ:Genuine Japan 最高峰の日本文化講座での日本文化同時通訳などを務める。
著書に、『世界で戦う伝わる英文ビジネスEメール』(明日香出版)、『6ステップでだれでもできる!プロの英語プレゼン』(中央経済社)、『3か月でやり直し!英語モジュール学習法』(東洋経済新報社)、『やり直し英語から始めるビジネス英語3カ月トレーニング』(NHK出版)、『CD付 電話の英語 直前3時間の技術 しごとミニマム英語シリーズ(1)』(アルク出版)、『中学英語の基本と仕組みがよ~くわかる本』(秀和システム)、『図解・英語脳のつくり方』(PHP研究所)がある。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket