ニュース

プレスリリース

ニュース

BBT大学トップ > プレスリリース > フィリピンのパーペチュアル・ヘルプ大学と提携し、共同科目「アントレプレナーシップ・イン・アジア」を開講します

フィリピンのパーペチュアル・ヘルプ大学と提携し、共同科目「アントレプレナーシップ・イン・アジア」を開講します

2015年09月08日


BBT大学、フィリピンのパーペチュアル・ヘルプ大学と提携
2015年11月よりビジネスに関する共同科目
「Entrepreneurship in Asia」を開講


ビジネス・ブレークスルー大学(学長:大前研一、以下BBT大学)は、海外の学生と共にグローバルビジネスを学ぶ環境を在学生に提供するため、2014年10月15日に提携したフィリピンのパーペチュアル・ヘルプ大学(英名:University of Perpetual Help System Dalta、所在地:フィリピンマニラ首都圏ラスピニャス市、President:Anthony Jose M. Tamayo、以下UPHSD)と、2015年11月よりオンラインによる共同科目「Entrepreneurship in Asia(アントレプレナーシップ・イン・アジア)」を開講いたします。本提携は、経済統合が進むASEANにおいて、その加盟国であるフィリピンの大学との連携という観点からも、非常に意義深いものであると考えています。

DSC_9904.jpg
2014年10月15日フィリピン パーペチュアル・ヘルプ大学にて行われた調印式の模様


答えのない問いに対して、ひるむことなく答えを見出す力を備えるビジネスパーソンを育成すべく、様々な教育を提供し続けているBBT大学経営学部は、文部科学省の認可を受けて2010年に誕生した100%オンラインで経営学の学士を取得できる大学です。BBT独自開発のオンライン教育のプラットフォームであるAirCampus®を利用することで、講義の受講だけでなく、試験やレポート提出、クラスでの双方向ディスカッションなど、全ての学習活動をオンラインで完結できるため、海外の学生との講義受講やディスカッション、グループワークも可能となります。
そうした特徴を生かし、このたびBBT大学はUPHSDと提携し、オンラインでの共同授業を2015年11月より開始いたします。フィリピンでも有数の総合大学でグローバル教育にも力を入れるUPHSDは、積極的な海外進出を目指しています。両大学は、それぞれの強みを生かし、「国境の無い教育」を学生に提供していきたいと考えています。

アジアにおける新規ビジネスの立上げというテーマで行われる今回の「Entrepreneurship in Asia(アントレプレナーシップ・イン・アジア)」では、講義やディスカッション等全て英語で行われます。さらに、BBT大生とUPHSD生が共同で作る、アジアにおける事業立ち上げのビジネスプランとそのプレゼンテーションが単位取得の必須条件となります。学生たちには、AirCampus®を中心としたオンラインでのコミュニケーションに加え、2016年2月に予定されているフィリピンでのワークショップにおいて実際に交流する機会も与えられます。BBT大学は、こうした授業と実践的な学びのスタイルを通して、世界の舞台で挑戦する機会を学生に提供し、また、他国の学生との英語による共同作業を通してグローバルな感覚を身に付けてもらうことを期待しています。

【パーペチュアル・ヘルプ大学について】
フィリピン・南メトロマニラにある総合私立大学のパーペチュアル・ヘルプ大学です。永遠を意味するパーペチュアル(Perpetual)という名にあるように「未来永劫に教育者たれ」を掲げている。1975年にマニラ郊外のラスピニャス市で創立され、前身の学校を含め45年以上の歴史を誇り、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、大学院を備えたフィリピンでは最大規模の総合私立大学。ラスピニャス市のメインキャンパス以外に、モリノ、カランバに合計3キャンパスが有り、約2千人の教職員及び約2万人の学生が学ぶ。大学は18学部あり、大学病院も付属している。
http://perpetualdalta.edu.ph/


  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket