ニュース

プレスリリース

ニュース

BBT大学トップ > プレスリリース > 【7/9(火)東京開催|特別授業体験】大前学長科目の『超実践型ケーススタディトレーニング』体験ワークショップ実践会

【7/9(火)東京開催|特別授業体験】大前学長科目の『超実践型ケーススタディトレーニング』体験ワークショップ実践会

2019年06月28日


 
ビジネス・ブレークスルー大学では、「経営」「IT」「問題解決能力」「リーダーシップ」「英語」「教養」と様々な分野の実践的なカリキュラムをご用意しています。
これらの科目を体系的に学ぶことで、世界を舞台に新しい事業を創出し、結果を出せる人材の育成を目指しています。
 
多様な分野のカリキュラムを体系的に学ぶメリットは大きく2つあります。
 
一つ目は俯瞰的な視点に立ってご自身の専門性を高めることや、弱点を補うといったご自身のキャリア開発を長期的に考え実行することができます。
 
そして、二つ目は様々な分野のスキルを横断的に繋げて学ぶことができることです。
 
現在のビジネスを取り巻く環境は日々複雑化しており、一つの専門性やスキルだけではますます生き残りが難しくなっています。
そこで、異なる分野の専門性を結び付けながらスキルを発揮することで差別化された独自性のある解決策が実現できるようになります。
 
この超実践型ケーススタディトレーニングはBBT大学の大前学長科目『グローバル経済と経営』の中で取り上げられている、『リアルタイム・オンライン・ケーススタディ(RTOCS)』を体験頂きます。
このRTOCSでは、実在する企業の現在進行形の経営課題に対して、自ら情報収集・分析をすることで、経営者の視点での「意思決定」の決断が下せるようになっていきます。
 
実際にBBT大学で学ばれている学生の方々も在学中に最も苦労するのがこのRTOCSであり、逆に最も多くの事を学べるとも仰っています。
 
今回はご入学前の方々を対象としておりますので、ファシリテーターからの進め方のご紹介などを踏まえ、グループでワークに取り組んで頂きます。
事前の準備は不要ですので、お気軽にご参加頂ければと思います。

◆今回のワークショップで体験できること◆

・実在の企業の現在進行形の経営課題に対する問題解決の取り組み方
・企業の経営者視点での課題解決のための仮設思考プロセス
・グループワークを通じての企業課題や解決策のアウトプットのまとめ方

◆ファシリテーター紹介:柴田 巌 事務総長◆

画像
京都大学工学部卒
京都大学大学院工学研究科建築学専攻修了(工学修士)
London School of Economics & Political Science(MSc)
Northwestern大学Kellogg Graduate School of Management(MBA)
 
Andersen Consulting、Booz Allen & Hamilton、(株)大前・アンド・アソシエーツ等を経て、1998年5月、インターネット事業を手がける
(株)エブリデイ・ドット・コムを設立。その後、(株)エブリデイ・ドット・コム代表取締役、オレンジライフ(株)代表取締役、(株)旬工房
代表取締役等を歴任。
 
現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、アオバジャパン・インターナショナルスクール理事長、JCQバイリンガル幼児園理事長、サマーヒル・インターナショナルスクール理事長、サザンクロス大学Adjunct Professional Fellow。
 
▼BBT大学事務総長 柴田巌インタビュー
 
▼BBT大学事務総長 柴田巌インタビュー(動画)

◆開催概要◆

日付:7/9(火)
時間:19:30~21:30
 
東京会場:BBT大学 麹町校舎
アクセス:http://bbt.ac/accessmap/

▼お申し込み▼
http://bit.ly/31XwYq1
※BBT大学の学生、卒業生のご参加はご遠慮ください。

ご質問や不明な点は お気軽に下記までご連絡ください。

ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 入学相談室
Mail:bbtuinfo@ohmae.ac.jp
TEL:0120-970-021(平日 月~金:9:30-17:30)
 
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket