×
BBT SEARCH WEBSITE

デザイン・シンキング

ペイント

教員紹介

市角 壮玄
経営学部ITソリューション学科 准教授
教員の詳しい情報を見る

科目概要

“デザイン・シンキング”の基礎を身に付け、ビジネスにおける独創的な発想による問題解決力を養う。

目的とゴール

デザイン・シンキングは、従来の分析的手法では扱われない共感や観察、プロトタイピングといった要素を重視する優れたデザイナーが問題解決をする際の思考をモデル化したものでありデザインの技法のトレーニングではなく問題解決のトレーニングである。
最終的なゴールは社内の課題、人生の課題など、現実に直面している課題に対し、解決するための基礎能力を身に付け、新規サービス・プロダクトを創造できるようになることとする。

こんな人におすすめ

社内での問題解決にお困りの方。自分の人生において問題に直面している方。独創的なアイデアを生み出したい、クリエイティブな人材になりたい方。

受講生の声

  • デザイン・シンキングは問題解決の手法であるということが無意識にインプットされていきました!
  • デザイン・シンキングの実例がドラマ仕立てになっていて、よく理解できた!
  • 市角先生の活動「ベジ寿司」をベースにしているので説得力もある!

ペイント

Upcoming Events

イベント情報

ペイント

Recommended

注目コンテンツ

ペイント
Contact
ご入学に関してのご相談・お申し込み
Follow us