BBT大学トップ > 入学案内 > 単科生制度 > 問題解決基礎2

問題解決基礎2

科目概要

ビジネスにおける問題を発見・解決し、前例のない環境の中で新しい道を切り拓くことのできる総合力の習得を目指します。

目的とゴール

現場視点ではなく、「事業部長」の視点で物事を考える力を身につけるために、基本的なロジックツリーやMECE などのロジカルシンキングや問題解決のための体系的なアプローチを学びます。また、「筋のよい仮説を創る力」「仮説を検証するデータを分析する力」「現場の視点だけでなく、視野を広げて俯瞰する力」「戦略・ビジネスモデルの視点で打ち手を創りだす力」「他業界の成功事例・失敗事例から学ぶ力」を身に着けることができる内容となっています。

こんな人におすすめ

問題解決の基本を学び、ケース演習に取り組みながら、問題解決を行うために必要となる「論理的思考力」と「データ分析力」を身に付けたい方。

教員紹介

高松 康平

経営学部 グローバル経営学科 専任講師


株式会社ビジネス・ブレークスルー
執行役員 教育コンテンツ開発室 室長
問題解決力トレーニングプログラム 講座責任者

慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。
その後、リクルート等を経て現職。
現在は「考える力」を中心に様々な教育コンテンツを提供するビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツ開発室長を務め、年間5000名以上が受講する「BBT問題解決力トレーニング」の講座責任者でもある。
年間約100日以上の法人研修をプロデュース。
自らも研修講師として、製薬・産業機器・医療機器・IT・小売・広告・素材・サービスなど幅広い業界の企業をメインに年間約70日登壇している。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket