×
BBT SEARCH WEBSITE
オンライン説明会に申し込む

国際コミュニケーション力Ⅰ~Production & Explanation 編~

ペイント

教員紹介

Steve Soresi
経営学部グローバル経営学科 教授
教員の詳しい情報を見る

科目概要

世界で通用する英語力、特に「発信力」と「説明能力」を鍛えるコースです。

「英語での動画作成」という実践的な課題に取り組み、フィードバックを送り合います。

シンプルでわかりやすい言葉を使って、自分なりに噛み砕いて相手に伝える練習にとことん取り組み、英語コミュニケーション力のブレイクスルーを体感してください。

目的とゴール

本科目は、今後、他国の人と協同・協力していく際に必要となる国際コミュニケーション力を育成するための講座であり、国際基準の説明能力を身につけることを目的としています。
国際基準とは、世界中の英語話者のための基準です。よりアメリカンライク、ネイティブライクになることではありません。

以下の3点を満たすことがゴールです。
(1)適切なスピード、声の大きさ、量を話すことができる(特に、自信のなさや不慣れなことから言葉が出てこなかったり声が小さすぎたりしないこと)。
(2)自分の言いたいことを直訳するのではなく、シンプルでわかりやすい英語表現に置き換えられる。
(3)重要なポイントは適切に強調したり、より惹きつけるような言葉を選ぶなど、ユーモアを交えることも含め、話にインパクトを持たせて相手に伝わりやすくする工夫ができる。

本科目では、難易度の異なるテーマごとに、具体的な商品やビジネスシステムなどについて、1分間のプレゼンテーション動画を作ります。このとき、正しい文を作ろうとするのではなく、自分自身のコミュニケーションスタイルで、その商品を全く知らないような相手にも情報が伝わるような英語を作り出すことが重要です。
作った動画は、クラスメートとLA、そしてグローバル評価委員(※)のみなさんで共有し、フィードバックを交換します。

※グローバル評価委員(Global Ombudsman)とは、科目内で提出する課題に対して、まずは通じたかどうかの判断、そしていくつかのフィードバックコメントをしてくれるLAです。日本に興味はあるけれど、日本の商品やビジネス、固有名詞や習慣などはよく知らない人を想定しています。

こんな人におすすめ

英語の「発信力」と「説明能力」を鍛えて、自信をもって英語でのコミュニケーションをとれるようになりたい方。

受講生の声

  • ソレイシ先生の熱意が感じられるクラス。短い期間でかなり英語で話すことへの自信がつきます。

ペイント

Upcoming Events

イベント情報

ペイント

Recommended

注目コンテンツ

ペイント
Contact
ご入学に関してのご相談・お申し込み
Follow us