財務会計

科目概要

会社の成績表とも言われる財務諸表。実際の企業を取り上げ分析し、その会社の状態を読み解く。

目的とゴール

本講義では、自分自身で財務諸表を読みこなし、その会社に就職してよいのか、投資をしてよいのか、などの意思決定を自分で責任をもってできるようになることを目的とする。

こんな人におすすめ

  • 全てのビジネスパーソン、特に会社経営や投資判断に携わる方や、逆に財務諸表に触れる機会の少なかった方。

受講生の声

  • 1から財務のことをやるかと思っていたが、経営者として理解しなくてはいけない最低限の決算書の読み方を学べた点が優れていた。
  • 実例を解説して頂きながら、自分で分析をしていくというスタイルだったので、身に付いていくのが実感できた。
  • 数字は一人歩きするものではなく、その裏に必ず何かがあることを理解させてくれた。

教員紹介

大原 達朗

経営学部 グローバル経営学科 専任准教授
アルテ監査法人代表社員
アルテパートナーズ株式会社代表取締役
一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事
nmsホールディングス株式会社監査役

1973年東京都出身
1997年早稲田大学教育学部卒業
2007年3月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院 経営学研究科 経営管理専攻修了。
1998年公認会計士試験2次試験合格、青山監査法人プライスウオーターハウスに入社し、大手一部上場企業を含む国内外の会計監査、IPO支援コンサルティング等を担当、顧客の価値向上のための業務を中心に行う。
監査法人をとりまく環境の変化により、顧客志向のサービスの提供が困難となったため、2004年大原公認会計士事務所を開業独立。
その後、アルテパートナーズ株式会社、アルテ監査法人、日本M&Aアドバイザー協会を設立し、代表に就任。
経営学部では、「会計入門」「財務会計」「管理会計」「ファイナンス演習」を担当。
著書:「この1冊でわかる! M&A実務のプロセスとポイント」中央経済社 2014年、「決算効率化を実現する会計監査対応の実務」中央経済社 2014年、「決算書のチェックポイント」税務経理協会 2004年。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket