心理学

科目概要

組織や人材に関する心理学的な研究内容を学び、科学的な視点から人材マネジメントを考える方法を習得する。

目的とゴール

パーソナリティや動機、ストレスなどに関する心理学的な研究内容の紹介を行い、それらが実際に企業においてどう活用されているのかについても解説する。これらを理解することによって、自分自身が所属する組織や、将来所属する可能性がある組織においても、人材マネジメントにおいて、心理学を実践的に活用できる考え方を身に付ける。

こんな人におすすめ

組織・人材育成に関わる方や関心のある方。ビジネスにおいて、人との関わりをより円滑にしたいと考える方。

受講生の声

  • 先生が面白くすごく引き込まれる授業でした。
  • 仕事においてすぐにでも実践出来る内容だったので、非常に興味を持つことが出来た。
  • 心理学の各理論と実社会での例え話がリンクしていて、分かりやすかったです。

教員紹介

川上 真史

ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 グローバル経営学科 専任教授
同 大学院 経営学研究科 兼担 Bond大学大学院 非常勤准教授
株式会社タイムズコア代表  
明治大学大学院兼任講師 
株式会社ヒュ-マネージ 顧問

京都大学教育学部教育心理学科卒業。産業能率大学総合研究所研究員、ヘイ・コンサルティンググループ・コンサルタント、タワーズワトソン・ディレクターを経て、現職。 数多くの大手企業の人材マネジメント戦略、人事制度改革のコンサルテングに従事。
主な著書に『自分を変える鍵はどこにあるか』(ダイヤモンド社)  『のめり込む力』(ダイヤモンド社)  『コンピテンシー面接マニュアル』(共著、弘文堂)  『できる人、採れてますか?』(共著、弘文堂)  『仕事中だけ「うつ」になる人たち―ストレス社会で生き残る 働き方とは』(日本経済新聞社) 『大前研一と考える営業学』(共著、ダイヤモンド社) 『20代で大切にしておきたいこと』(海竜社) など。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • Pocket